アメリカチームに消滅の危機。Hagens Berman Axeonについて。

アメリカのコンチネンタルチームHagens Berman Axeonが、スポンサーからの出資が減少する予定のため、消滅の危機に瀕している。

情報源:Hagens Berman Axeon faces uncertain future amid sponsorship squeeze

Hagens Berman Axeonについて

Hagens Berman Axeonは、アメリカはシアトルに本拠地がある法律事務所Hagens Bermanがスポンサーとなっている。

もともとはTrek Livestrongの育成チームとして生まれたチームであり、その当時から現在までの出身選手の例を挙げると、

  • Alex Dowsett
  • George Bennett
  • Ian Boswell
  • Joe Dombrowski
  • Jasper Stuyven
  • Tao Geoghegan Hart
  • Eddie Dunbar

など、現在ワールドツアーで走る選手も含めて多くのプロ選手らを輩出している。

バイクスポンサーからの出資の減少

メインスポンサーであるその法律事務所は来年以降もスポンサー継続の意向があるのだが、どうやらバイクスポンサーが大きく出資を減らすとの意向をチーム幹部に伝えているもよう。

そのためチームは来年から予算が不足になり、活動が不可能となることが考えられる。解決するには新しいバイクスポンサーを見つけるなどしてとにかく新規のスポンサーを獲得することが必要。

また予算をなんとか切り詰めて活動を続ける場合でも、参加するレースの数を減らさざるを得なくなる。特に移動費や宿泊費など多額の経費が必要となる本場ヨーロッパでのレース活動はかなり縮小せざるを得ないであろう。

そうすると、本場で若い選手に経験をつませて育成し、本場のトッププロチームやワールドツアーチームへ送り込むというチームポリシーを満足に実現できなくなる。

近年はそのチームポリシーが上手く実現できており、アメリカからヨーロッパへの架け橋、そして育成チームからトッププロチームへの架け橋という2つの機能を果たしていただけ、もし消滅するのならばジュニア世代やU23世代の若い選手らにとって大きな打撃となるであろう。

4 thoughts on “アメリカチームに消滅の危機。Hagens Berman Axeonについて。

  1. あらゆるプロスポーツにおいて、多くのチームが危機にさらされる
    ことになりそうですね。
    コロナウイルスが、ある程度収束したとしても終息するのは考えづらい。
    となると、プロスポーツチームに資金が回るというのも考えづらい。
    さて、来期はどうなることやら。

  2. あらま、このチームのディレクターはエディ・メルクス御大の息子さんですね !@o@!
    選手を育てる手腕には定評がありますから、なんとか存続してほしいもの…

    1. そうブヒ。まさにEddy Merckxの息子ブヒね。
      選手として偉大だった父親に、ディレクターとしての才能を発揮する息子。
      なかなかおもしろい家族ブヒ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください