ツールでは各チーム2名の感染者が出ればチームごと排除

ツール・ド・フランスは今月の8/29にスタートする。しかし、日本のマスメディアでも報道されているように、今ヨーロッパ、特にフランス、スペインなどはバカンスのせいか、感染者数が激増している。春の最悪時に近くなる勢いで、第二波到来の予感に戦々恐々という状況である。

そんな中で開催される世界的ビッグイベントを前に、ツール主催者側と参加プロチームとの間でコロナ対策について改めてミーティングが行われ、ツールの方針がチームと共有された。

情報源:Teams with two COVID-19 cases will be removed from Tour de France

チームから2名の感染者が出ればチームとして撤退

基本的にはUCIのコロナ対策ルールに準拠しつつも、ツール独自のルールもいくつか導入される。たとえば、チームの選手またはスタッフのうち合計2名が陽性と判断されれば、チーム全体としてツールから撤退しなければならない。もちろん1人の選手またはスタッフが陽性ならば、その人間はその時点で個人としてツールから退場となる。

チーム全体として退場させられるのは、チームから合計2名の人間の陽性が判明したときである。

毎日のチェックと余計な接触の回避

その他、ツールで導入されるいくつかの対策を列挙しておくと、

  • レース前とレース後の両方で毎日健康チェック
  • 休息日でも検査
  • チームバス周辺には許可された人間以外は立入禁止
  • 報道関係者エリアでも、ソーシャルディスタンス
  • チーム関係者はレース中のフィードゾーンでもマスク着用
  • 選手とファンとの交流は禁止
  • 記者会見はオンライン
  • 複数のチームが同一のホテルに滞在するときは、各チームごとに違う階(フロア)に宿泊

などいった方策が徹底されるもよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください