【移籍情報2つ】デ・マルキがイスラエル、ヤンセンがミッチェルトンへ

移籍情報を2つまとめて。

デ・マルキがイスラエルへ

今年限りで消滅するチームCCCで走る、名アシストにして、終盤での逃げに定評のあるアレッサンドロ・デ・マルキ(Alessandro De Marchi)がイスラエルスタートアップネーション(ISRAEL START-UP NATION)

へ移籍する。

契約期間は2年。34歳のイタリア人は、旧BMC時代でも今のチームCCCでもグレッグ・ファン・アーヴェルマートといっしょに走ってきたが、アーヴェルマートはAG2Rへの移籍が決まっているので、二人は来年から別チームとなる。

デ・マルキは、34歳にしてまだまだ成長する余地があること、そして特にタイムトライアルのレベルアップを近年やっていたが、来年以降もそれを続けたいと述べている。また、キャリアで2度目となる来年のオリンピック出場も視野に入れている。同時に来年のグランツールでのステージ優勝も目標として掲げる。

アムント・グレンダール・ヤンセンがミッチェルトン・スコットへ

現在ユンボ・ヴィズマ(Jumbo-Visma)で走る前ノルウェーチャンピオンのアムント・グレンダール・ヤンセン(Amund Grøndahl Jansen )が、ミッチェルトン・スコットへ移籍する。

契約期間はこちらも2年。ヤンセンは今のツール・ド・フランスでもログリッチをサポートして出場中。26歳のノルウェー人で、ノルウェー人らしく(?)、ワンデイレースが得意なクラシックスペシャリスト。本人も石畳クラシック・モニュメントでの優勝を数年以内の目標として述べている。

ミッチェルトン・スコットはモニュメントも含めてクラシックレースに弱いが、来年はサンウェブからマイケル・マシューズ(Michael Matthews)が移籍(復帰)するため、このヤンセンがそのマシューズのアシストとして働く、またはサブエースとして動くこともあるかもしれない。

なお、現在ミッチェルトン・スコットにはデンマーク人のクリストファー・ユールイェンセン(Christopher Juul-Jensen)がいるため、来年から同チームには、「ヤンセン」と「イェンセン」が揃うことになる。
(´・ω・`)絶対名前間違えるわ・・・

2 thoughts on “【移籍情報2つ】デ・マルキがイスラエル、ヤンセンがミッチェルトンへ

  1. イスラエルはまたベテランライダーが増える形になりましたね。
    おじさんフルームを経験豊富なおじさんライダーたちが支える!来年のツールが楽しみです。

    そういえば引退間近の選手をかき集めるトレなんとかみたいなチームもありますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください