Enter your email address below and subscribe to our newsletter

英国の天才トム・ピドコックが世界選手権で得たものとは?

世界選手権についてトム・ピドコックのコメント

Share your love

今年の世界選手権のロードレースで英国チームは、おそらく強豪国で最も若いチームを送り込んだ。キャプテンとなったルーク・ロウ(Luke Rowe)を除けば、21~26歳までの選手しかいない布陣。よって明らかに優勝を狙うわけではなく、経験を積ませること目的を明確に設定したチーム編成だった。もちろん各国も英国を優勝候補とは考えていなかったであろう。

その英国代表チーム中には、今年の世界選手権で初めてエリート男子カテゴリーのロードレースに出場したイギリスの天才、トム・ピドコック(Tom Pidcock)がいた。後半まで先頭集団に残っていたが、最後のペースアップで脱落。そんなピドコックの世界選の感想は?

情報源:‘One hell of an experience’ says Tom Pidcock after debut in elite men’s road race at World Championships

「今後につながるすごい経験をした」

“It was one hell of an experience,”

訳「とてつもなく素晴らしい経験ができた」

“We didn’t get any result but for such a young team, we’re here to learn, Luke [Rowe] did an unreal job to keep me at the front as if I was here to win, which is good for the future.”

訳「英国チームは結果は残せなかったが、とても若いチームとして経験を積むために参戦した。ルーク・ロウはあり得ないようなすばらしい仕事をこなしてくれ、ずっと先頭集団に残っていられた。まるで優勝を狙って戦っているようだったね。今回の世界選は将来にとってかなり有益な経験になるものだよ」

上述のように英国代表チームは若い選手を揃え、経験値を獲得するために参戦してきた。しかし、だからといって全力で戦わなければ、得られるものなどなにもない。仮に最初から諦め、手を抜いた状態で何かを得られたとしてもそれはまやかしであり、嘘っぱちの空虚な経験でしかない。戦場で役立つ経験は、本物の戦場でしか得られない。

そしてチームの作戦も、できる限り先頭で展開しろという指示だった。ルーク・ロウは若者の守護神として身を持って、ロードレース界最高峰の先頭集団というものを若手に経験させたのだ。トップレベルのプロトンの先頭で走るとはどういうことか、どういう知恵が必要なのかをその背中で語ったに違いない。

ロードレースにおいて、エリートレベルとそれ以下のU23やジュニアとの決定的な違いは、レースの走行距離である。エリート男子ならば200km以上は当たり前、250km以上も普通に登場する。

そこでエリート男子の世界で走るならば、必ず250~300kmを「戦いながら」走り切る技術と知恵が必要になる。今回そのレベルに初挑戦となったトム・ピドコックにはそれが決定的に足りていなかった。曰く、「最後の周回ではもう力は空っぽだった」と。驚異の天才といえど、まだ250kmを超えるレースでしかも最高峰のプロトンで戦い抜く知恵は持っていなかった。

来年からイネオスのメンバーとしてワールドツアーに参戦するであろうピドコックは、だからこそ今回の経験が今後のロードレースに役立つと考えている。

“It’s just a matter of time, get the legs and endurance to be able to race the full distance, not just ride the last lap,”

訳「でも単に時間の問題でしかないね。経験をつめばワールドツアーレベルの長距離レースで戦える脚と耐久力は身につけられるだろうね。もちろん最後まで勝利に絡める脚という意味でね」

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6700

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!