【2020世界選】ファン・アールトのコメント

今年最も「激走」している選手といえば、ワウト・ファン・アールトであろう。去年のツールでの大怪我から見事復活、ストラーデ・ビアンケ、ミラノ~サンレモ、そしてツール・ド・フランスとまさしく「激走」という表現にふさわしい活躍。さらには結果もすばらしい。

そんなファン・アールトは昨日の世界選手権でもその強さを見せつけた。優勝こそ逃したものの最後はスプリントで銀メダルを獲得。そんなファン・アールトの世界選コメントを紹介。

情報源:Wout van Aert: It’s hard to accept two silver medals at the World Championships

「2つの銀メダルは納得できない」

ロードレースでも2位、そしてその前の個人タイムトライアルでも2位だったファン・アールト。2つの銀メダル獲得については、

“I think it’s just too early for me to be proud of it. I came here with high expectations and it’s hard to accept two silver medals,”

訳「もうちょっと時間が経たないと、2つの銀メダルを誇れる気分にはなれないね。かなりの自信をもって参戦したからね。優勝できなかったのはかなり悔しくて納得できてないのよ」

もしファン・アールトが彼の狙いどおりTTとロードレースの2冠を達成していれば、アブラアム・オラーノ(Abraham Olano)以来の快挙となったはずだった。その可能性は十分にあるとファン・アールトは考えていたんやろね。(なお女子では今年、ファンデルブレッヘンが達成している)

ただ、個人TTについては30キロ強というそれほど長くはない距離にもかかわらず、優勝したフィリッポ・ガンナ(Filippo Ganna)に30秒の差をつけられ2位となったことで、まだ比較的敗北を認めやすいと述べる。

一方で、やはり長距離のロードレースのほうでは個人TTほどの差があるとは考えられず、「全力を尽くしやるべきことはやった。最強の選手が勝っただけ。後悔はない」とは言うものの、どうしても自身の敗北を素直に認めることや感情の整理が難しいと述べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください