Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ

今日もレムコがスタート直後にアタック!2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージの感想・結果・ハイライト動画

レムコがスタート直後にアタック!2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージの感想・結果・ハイライト動画

Share your love

昨日の第14ステージで実質的に80km以上の個人タイムトライアルを決行し最後は独走でのステージ優勝をなしとげ、劇的な復活を遂げたレムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)。そんな彼が今日もスタート直後にアタック!

第15ステージのコース

こちらの記事でどうぞ。

感想・ハイライト

スタート直後レムコいきなりアタック!

スタート直後のレムコのいきなりのゼロ距離(?)アタックでいきなり集団が活性化。レムコのこの動きはその後吸収されてしまうが、その後も逃げようとする選手たちが激しく争い、さらにはスタートから30kmあたりで再びレムコも逃げに乗ろうと加速する。

それでもレース開始1時間が経過しても逃げは決まらず。最初の1時間の平均時速は時速47kmという高速状態でレースが進んだ。

スタートから70kmでようやく逃げが決まる

スタートから70kmほど走ったところの3級山岳でようやく逃げが決まる感じとなる。その中にはやはりレムコ・エヴェネプールが!

そして残り55kmの時点で次の15名の逃げが形成される。

最後の2級山岳~フィニッシュ

今日は最後の2級山岳を登ってから下って、少し平地を走ってフィニッシュとなる。

その2級山岳では逃げから、バーレーン・ヴィクトリアスのサンティアゴ・ブイトラゴ(Santiago Buitrago)、アンテルマルシェのルイ・コスタ(Rui Costa)が二人で飛び出し、レムコらが20秒差でそれを追いかける展開に。

その山頂を前にして逃げるブイトラゴとコスタに、やがてボーラのレナード・ケムナ(Lennard Kämna)が追いつく。すると山頂手前でブイトラゴがアタック。だが二人を引き離すことはできず下りではケムナが先頭で走る。

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ

🐷「ん?ケムナ?」

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ

🐷「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

だが幸いにも草だらけのところで転んだため肉体へのダメージは少なく、すぐに上画像のようにレース復帰。シマノのニュートラルサポートのスタッフも懸命のバイクプッシュ!

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ

🐷「うああああああ!ケムナおいついた!!!」

そして3人の牽制が始まるが・・・

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ

速度が落ちた3人のすぐ後ろにレムコ集団が迫る!!3人は逃げ切れるか?

終盤ずっと耐えて我慢していた涙子(るいこ)さんことルイ・コスタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ちょうど10年前、2013年世界選手権ロードレースの元世界王者はUAEから今年はアンテルマルシェへ移籍したわけだが、今年の初レースとなったTrofeo Calviaで優勝。続けてその後はボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナでもステージ優勝と総合優勝。さらにあのストラーデ・ビアンケでは4位。

そして今年のツール・ド・フランスにも出場して完走。それからクラシカ・サン・セバスティアンでも4位という好成績。そのままブエルタへ参戦してきた。グランツールでのステージ優勝も本人としては2013年のツール・ド・フランス以来10年ぶり。

レース全体のハイライト動画

結果

ステージトップ10

1Rui Costa Intermarché – Circus – Wanty1位との差
2Lennard Kämna BORA – hansgrohe,,
3Santiago Buitrago Bahrain – Victorious,,
4Remco Evenepoel Soudal – Quick Step0:02
5Andreas Kron Lotto Dstny,,
6Augusto rubio Einer Movistar Team,,
7Cristián Rodríguez Team Arkéa Samsic,,
8Chris Hamilton Team dsm – firmenich,,
9Nico Denz BORA – hansgrohe0:36
10Jimmy Janssens Alpecin-Deceuninck1:07

総合トップ10

レムコ・エヴェネプールは今日の結果、総合15位へ。トップとは16分22秒差。

1Sepp Kuss Jumbo-Visma1位との差
2Primož Roglič Jumbo-Visma1:37
3Jonas Vingegaard Jumbo-Visma1:44
4Juan Ayuso UAE Team Emirates2:37
5Enric Mas Movistar Team3:06
6Marc Soler UAE Team Emirates3:10
7Mikel Landa Bahrain – Victorious4:12
8Aleksandr Vlasov BORA – hansgrohe5:02
9Cian Uijtdebroeks BORA – hansgrohe5:30
10João Almeida UAE Team Emirates8:39

各賞ジャージ

マイヨ・ロホ(総合首位)Sepp KussJumbo-Visma
マイヨ・ベルデ(ポイント賞)Kaden GrovesAlpecin-Deceuninck
マイヨ・ルナレス・アスーレス(山岳賞)Remco EvenepoelSoudalーQuickStep
マイヨ・ブランコ(新人賞)Juan AyusoUAE-TeamEmirates
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6530

2 Comments

  1. いやはや、ステージ前半の物凄いパンチの打ち合い…。

    これ、第20ステージは最初から最後までアタックの打ち合いが続くトンデモナイ一日になるのでは?

    • 前半のアタック合戦はエキサイティン!だったブヒね。
      ユンボが圧倒的に優勝確実というのは揺るがないものの、それでも諦めないレムコのおかげで総合争いとはまた別のブエルタ面白さが出てきたような気がするブヒね。
      今後の山岳ステージでまたレムコが逃げればさらにおもしろく!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!