来年から鉄人アダム・ハンセンが本当の鉄人へ。トライアスロンに本格参戦へ。

今年のジロ・デ・イタリアを最後に、アダム・ハンセン(Adam Hansen)はワールドツアーにほとんど参戦しなくなるかもしれないとのこと。どうやら来年から「本当の鉄人」になってしまうらしい。

情報源:Adam Hansen to focus on Ironman in 2021

今年のジロ・デ・イタリアが最後のワールドツアーか?

情報源記事よれば、ロット・ソウダルの鉄人アダム・ハンセン(Adam Hansen)は、来年からトライアスロンのアイアンマンレースに本格的にチャレンジするもよう。

それゆえ1年中ワールドツアーのロードレースに参戦するということはなくなる予定。本人がそのように海外メディアCyclingnewsのポッドキャストで述べた。

その39歳のオーストラリア人は次のように発言。

“I’m going to change sports,”

訳「来年から競技を変更しようとしてるんよ」

“I’m going to get into Ironman next year. You are the first to hear about this actually. I did one last year and I’ve always wanted to go into Ironman after cycling, so it’s always something that I wanted to do but I’ve enjoyed cycling so much that I kept continuing but as I’m getting older I know that I’m running out of years.

訳「来年はアイアンマンレースに参戦する。これを言ったのは、実際このポッドキャストが初めてやね。昨年アイアンマンレースに参加したんやけど、実は前からロードレースの後はアイアンマンレースにチャレンジしたかったのよ。ずっとやりたかったことだったわけ。でもロードレースも大好きで、だからこそ今日まで続けてこれたんやけど、でももうだいぶ歳やからね。残された時間は少ないのよ」

実はハンセンは去年アメリカのフロリダでアイアンマンイベントに参加してた。それがものすごく楽しかったらしい。それでアイアンマンにハマってしまったわけ。

さて、アダム・ハンセンといえばこの前記事にしたが、今年限りでチームとの契約は消滅するものの、すでにロット・ソウダルとの契約の延長はないとされている。

このようなハンセンの希望があるがゆえに、契約延長はしなかったわけやね。なるほど納得である。

仮に来年からもハンセンがワールドツアーに参戦するならば、アイアンマンレースのためにワールドツアーを欠場することを許容してくれるチームを探さなければならない。

そんなチームが現れなければ、実質今年のジロ・デ・イタリアを最後にアダム・ハンセンはワールドツアーから姿を消すことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください