ツール・ド・フランス

来年マチュー・ファン・デル・プールのツール・ド・フランスデビューがほぼ確実

UCIがロンドとジロ・デ・イタリアの終了した時点での最新の(10/27時点)各種ランキングを公開した。

それによると、ワールドツアーチーム以外のプロチームが対象となるヨーロッパツアーランキングで、マチュー・ファン・デル・プールが所属するアルペシン・フェニックスが1位、そしてナイロ・キンタナが所属するアルケア・サムシックが2位となった。

UCI公式:ヨーロッパツアーチームランキング

これにより、その2チームは来年度のワールドツアーの全レースに出場できる(招待される)権利をほぼ確実に獲得することになる。

すなわち、キンタナはもちろんマチューも来年のツール・ド・フランスに出場することがほぼ確実となった。もちろん本人の意思次第だが。

もちろんまだブエルタが開催中であり、それに出場しているプロコンチネンタルチーム(現在でいう”Pro Team”)

は、Total Direct Énergie、Caja Rural-Seguros RGA、そしてBurgos-BH trailの3チームだが、それらはどれもアルペシン・フェニックスとアルケア・サムシックのからはかなりポイント数が離れてしまっているため、たとえブエルタで多少の活躍をしたとしても、それら2チームを脅かすには足りないという現実がある。

また上記ヨーロッパツアー3位はCircus-Wanty Gobert だが、これは既報のとおり消滅するチームCCCを吸収し、ワールドツアーチームとなる予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください