アスタナがルール違反?2021年度の登録選手数について。

先日、「ルツェンコがアスタナとの契約延長へ。ウラソフも移籍なし!」にて、2021年度のアスタナ(Astana-Premier Tech)の選手リストを紹介した。そこでは31名の選手が公式にチームから発表された。

アスタナのミス?UCIの忖度?

だが、現時点でUCIのワールドツアーチーム(正式名称WorldTeam)は1チームにつき、選手の最大登録可能数は30である。UCIルール上は次のように規定されている。

Minimum number of new professionals under
contract to the UCI WorldTeam(契約中の新人が最少で何人か)
Maximum number of riders
registered with the UCI(UCI登録可能な最大人数)
028
129
230
UCIルール PART 2 ROAD RACES 2.15.110

UCIルール:PART 2 ROAD RACESの2.15.110に上のように書かれている。

アスタナは31人・・・アウトである。

これはアスタナのミスなのか?それともUCIによるコロナ禍における例外的な特別措置・忖度なのか?

ただ現時点でこのルールが修正されたとの情報はUCIから発信されていない。修正された場合は毎回その都度、UCIはどこの何がどう修正されたか(それが暫定的なものでも)を発信している。

いったいどういうことなのか?

1つの可能性

仮にアスタナもUCIもどちらも正しく、ルール通りだとするならば、考えられる可能性の1つとして、UCIルール「PART 2 ROAD RACES」の「2.15.110 bis(2.15.110の2、という意味)」という規定の存在がある。

そこには次の規定がある。

In addition, in the period between 1 August (1) and 31 December, each UCI WorldTeam may admit into the team three elite or under 23 trainees on the following conditions:

これはいわゆる「研修生制度」の規定で、8/1~12/31という期間限定でワールドツアーチームは研修生を雇うことができるというものだ。

研修生は、もともとの自分のチームに所属しながらも同時に期間限定でワールドツアーチームにも所属が可能で、ワールドツアーではなく、「UCIコンチネンタルレース」だけに出場が許される。U23の選手が基本的に対象となるが、24歳以上でも、一定の条件を満たせばその対象となる。

この研修生は、「最大で3人まで追加が可能」である。よって、上述30名という制限があっても、研修生を含めれば33名まで拡大が可能となる。

アスタナはこの研修生を一人か数人か含めたうえで発表した・・・と考えることができる。

(‘A`)うーん、でもなぁ・・・苦しい解釈か?

なお、イスラエルは32名で発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください