Enter your email address below and subscribe to our newsletter

2023ツール・ド・フランス第8ステージとマーク・カヴェンディッシュの落車

カヴェンディッシュの夢が終わる!2023ツール・ド・フランス第8ステージの感想・結果・ハイライト動画

カヴェンディッシュ最後のツールが終わる!2023ツール・ド・フランス第8ステージの感想・結果・ハイライト動画

Share your love

2023ツール・ド・フランス第8ステージはあまりにも残念なステージとなった。ツール・ド・フランス最多勝記録においてエディ・メルクスとともに歴代1位の34勝をあげ、その歴史的な記録更新を期待されていたマーク・カヴェンディッシュが落車で大会を去ることになったからだ。

カヴェンディッシュは今年限りでの引退を表明していたので、彼にとってもファンにとっても最後のツール・ド・フランスだった。それが落車リタイアというあまりも不運で無慈悲な結末となった。

第8ステージのコース

感想・ハイライト

残り62km:カヴェンディッシュ落車でリタイア。最後のツールが終わる・・・

ゴールまで残り62kmあたりになったなんでもなさそうな平坦で、プロトン中央あたりで落車にはならなかったレベルで少し渋滞が発生する。

だがその直後の映像で・・・

2023ツール・ド・フランスのマーク・カヴェンディッシュの落車
2023ツール・ド・フランスのマーク・カヴェンディッシュの落車

うあああああああああああああああああ!!!

マジかあああああああああ!!!

自転車選手が最もよく骨折するであろう部位の鎖骨を押さえてる!

2023ツール・ド・フランスのマーク・カヴェンディッシュの落車

これアカンやつや・・・

救急車両に乗せられリタイア確定・・・😢

前日の第7ステージで驚くべきタイミングでロングスプリントを見せ世界を興奮の渦に巻き込み、惜しくも2位だったとはいえ、これからの大記録樹立に期待を抱かせる走りみせたばかり。それなのに・・・これがロードレースの恐ろしさか。

カヴェンディッシュ最後のツール・ド・フランスがあまりにも不運に、あまりにも受け入れがたい幕引きとなってしまった。

今から思えば昨日の第7ステージで変速トラブルのせいで勝ちきれなかったのが今大会の不運の象徴だったのかもしれない。もしそこで勝てていれば今日のこの落車はなかったかもしれない。人生で不運やトラブルは続くものとよく言われるが、まさにカヴェンディッシュにとってはそうだった。

ジロ・デ・イタリアの最終日でステージ優勝をしていただけに、もしかしてツール・ド・フランスでも最後のシャンゼリゼで大記録更新かと、あまりにもできすぎの物語を期待していただけに本当に残念だ。

鎖骨だけの骨折ならば普通はプロの自転車選手はすぐに復帰してくるので、カヴェンディッシュも秋からのレースに姿を見せてくれるかもしれない。ただ世界選手権はさすがに無理だろうか。

最後の登りスプリントの死闘!

ゴール前20kmあたりから4級山岳が2つ連続して登場。

2023ツール・ド・フランス第8ステージ

そこではユンボ・ヴィズマがこの日の優勝候補のワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)のために登りで爆走。一気にペースを上げてピュアスプリンターたちを蹴落とそうとする。上の画像のように、ヴィンゲゴーもワウトの前でアシスト!?

しかし少し山岳としては甘かったか、ポガチャルはもちろん、マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel)、ビニアム・ギルマイ(Biniam Girmay Hail)、マッズ・ピーダースン(Mads Pedersen)などの登れるスプリンターたち、そしてピュアスプリンターのディラン・フルーネヴェーヘン(Dylan Groenewegen)、ヤスパー・フィリプセン(JasperPhilipsen)らも生き残ってしまう。

2023ツール・ド・フランス第8ステージ

この結果、レース前の予想よりも大きな集団でゴール前へ。特にピーダースンで優勝を狙うリドル・トレックが意地で5人の選手を揃えてトレインを組んで走る。

そしてついに登り基調のゴール前スプリントがスタート!

2023ツール・ド・フランス第8ステージ

アルペシン・ドゥクーニンク(Alpecin-Deceuninck)の最強コンビ、マチュー&フィリップセン。今日はマチューがエースかと思われたが、フィリップセンが生き残ったため、今日もマチューがフィリプセンを発射!

後方からはマッズ・ピーダースンが鋭い加速を爆発させて先頭へ!そしてフィリプセンも追う!

そこから最後まではこの動画でどうぞ。

ピーダースンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ピーダースンは単独で早めにしかけたため最後までもつのか?と思えたが、フィリプセンを並ばせることなく勝ちきった!これは強い。昨春・今春のレースでも登りスプリントで強さを見せつけていたピーダースンだが、もうすっかり登りスプリントではずば抜けた強さを見せる選手になった。

リドル・トレックはこのツール・ド・フランス直前にメインスポサンー変更でチーム名も変更となったが、新スポンサーになってすぐの大舞台で勝利をもぎとるという幸先の良さ。アメリカチームだけに明日からはもうイケイケドンドンという雰囲気かも。USA!USA!

ピーダースン本人はデンマーク人だが。

それら3チームのチームのトレインパワーを考えるとロット・デスティニー(Lotto-Dstny)が有利と思えるが・・・優勝予想はマッズ・ピーダースンで!

🐷「やったぜ!」

これで🐷も今大会3勝目だ。

さぁ次の第9ステージは超級山岳の山頂フィニッシュゴールだ!ポガチャルとヴィンゲゴーがとんでもない走りを見せるはず。

レース全体のハイライト動画

結果

ステージトップ10

1Mads Pedersen Lidl – Trek1位との差
2Jasper Philipsen Alpecin-Deceuninck,,
3Wout van Aert Jumbo-Visma,,
4Dylan Groenewegen Team Jayco AlUla,,
5Nils Eekhoff Team dsm – firmenich,,
6Bryan Coquard Cofidis,,
7Jasper de Buyst Lotto Dstny,,
8Rasmus Tiller Uno-X Pro Cycling Team,,
9Corbin Strong Israel – Premier Tech,,
10Tadej Pogačar UAE Team Emirates,,

総合トップ10

1Jonas Vingegaard Jumbo-Visma1位との差
2Tadej Pogačar UAE Team Emirates0:25
3Jai Hindley BORA – hansgrohe1:34
4Carlos Rodríguez INEOS Grenadiers3:30
5Adam Yates UAE Team Emirates3:40
6Simon Yates Team Jayco AlUla4:01
7David Gaudu Groupama – FDJ4:03
8Romain Bardet Team dsm – firmenich4:43
9Thomas Pidcock INEOS Grenadiers,,
10Sepp Kuss Jumbo-Visma5:28

各賞ジャージ

ジャージ選手名チーム名
マイヨ・ジョーヌ(総合首位)ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)Jumbo-Visma
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)ヤスパー・フィリプセン(JasperPhilipsen)Alpecin-Deceuninck
マイヨブランポワルージュ(山岳賞)ニールソン・ポーレス(Neilson Powless)EF Education-EasyPost
マイヨ・ブラン(新人賞:25歳以下)タデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)UAE Team Emirates
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

6 Comments

  1. こうなったら、カヴェンディッシュは引退するのを1年延期してほしいですね。
    ファンアールトは惜しかったけど3位に入ってて普通に調子は良さそうです。
    そして、ポガチャルがスプリントに混ざってたのか、なぜか10位にいる。
    あと、Quickstepはヤコブセンが怪我してるのもあるでしょうけど今ツールでは空気…こんなときこそアラフィリップがやってくれなくては…

    • カヴェンディッシュはほんと残念すぎたブヒね。海外のファンもみんな「もう1年やろうぜ」と思っていそう。
      ポガチャルはあわよくばステージ優勝を狙ってたのかも。ボーナスタイムを獲得するために。

      ヤコブセンはやはり落車の影響が大きい感じ。まぁ昨日は登り基調だったのでそれもあっただろうけど、それでもディラン・フルーネヴェーヘンが生き残ってたので、ヤコブセンも可能性はあったはず。とにかく今日を乗り越えて休息日。第2週からのスプリントに期待ブヒね。

  2. カヴくん、残念すぎる結果になってしまいました。
    いつまでもメルクス御大に大きな顔していられるのも微妙な気分なので、何としてでも新記録達成してほしかった。
    いや、中継でルークくんが言ってたように、例え記録破られたとしてもメルクス御大の価値は決して色褪せないですからね。

    • ほんとあまりにも残念すぎる終幕となったブヒね。
      どうやらカヴェンディッシュにもう一年やれば?という説得がされるかもという憶測・期待もあるようで、
      もしそうなればメルクスが一年延長に賛成するか、反対するか、どちらの意見を述べるのかが個人的に楽しみブヒ。

  3. 本当に残念過ぎる落車です。
    落車後に車に乗り込んだ時のカヴの表情がなんとも言えなく
    やるせない。
    ヴィノクロフ大佐がもう一年延長を提案しているようですが
    本人の意思次第ですよね。
    自分的には歴史を変えて欲しい。
    ヤコブセンも移籍でモロコフも居場所が無いと思ってるようで
    契約も今年まで。
    アスタナにモロコフが合流となればレンショー、モロコフと新旧リードアウトが
    揃い個人的に胸熱ですが流石にそんな漫画みたいな事ありませんよね。

    本当に歴史を変えて欲しいし変えれるスプリンターの象徴と思ってます!

    • アスタナとして延長を提案してくれているのはファンにとってもありがたいブヒね。
      あとは本人の意思次第だけとも言えるけど、そこまで大佐もいれこんでくれるなら、やはり来年はもう少しアシストの補強を願いたいところ。
      ほんとモロコフが来てくれれば・・・

      シャンゼリゼでの歴史的勝利を見たいブヒね

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!