コート・ダ・ジュール

2021パリ~ニースのワイルドカード枠チーム

昨日の記事で今年のパリ~ニースのルートと各ステージを紹介したが、ワイルドカードで招待されるチーム(ProTeamカテゴリー)を紹介するのを忘れていたので、ここで掲載しておく。次の4チームとなった。

  • Alpecin-Fenix
  • B&B Hotels
  • Arkéa-Samsic
  • Total Direct Energie

いつものメンツである。

マチュー・ファン・デル・プール擁するAlepcin-Fenixは昨年のProTeamランキングで1位となったチームであるので、自動的に全てのワールドツアーレースへ主催者から招待される。招待されても参加するかどうかは任意である。一方でワールドツアーチームはワールドツアーレースには参加義務があるので、この点がProTeamとの違いとなる。

なお、Alpecin-Fenixは今年のグランツール全てに参戦する意向をすでに表明している。

残りの3チームはどれもフランスチーム。パリ~ニースはフランスのレースなので地元優先である。まだ先ではあるが、おそらくこのパリ~二ースでの走りっぷりがツール・ド・フランスのワイルドカード枠争いにも多少は考慮されると思う。

Alpecin-Fenixはツールも自動的に招待されるため、残りの枠は2つ。それをこれら3つのフランスチームが争う。少しでもライバルより優位に立つため、パリ~ニースでのアピールも重要になるのではないか。

【関連記事】
今年のパリ~ニースのルートが発表

アルペシン・フェニックスが全グランツールに参戦を表明。ワイルドカード争いが地獄の闘争へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください