2021シクロクロス世界選手権の結果と感想

昨夜開催された2021シクロクロス世界選手権男子エリートの結果と感想を書く。結果を知りたくない人はそっ閉じ。

戦前予想での圧倒的優勝候補は2人。いうまでもなくオランダのマチュー・ファン・デル・プール(Mathieu van der Poel。通称MVDP)と、ベルギーのワウト・ファン・アールト(Wout van Aert。通称WVA)である。

ブタはずっとYoutubeでのUCI公式ライブ配信を見ていた。

さて、まずスタート前の画面を。

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
2021シクロクロス世界選手権エリート男子

これがスタートの号砲が鳴らされる直前のシーン。ライバルが隣同士で、この緊張感!

なお英国の天才トム・ピドコックはこの2人とは逆サイドの最前列に位置どっていた。

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
2021シクロクロス世界選手権エリート男子。スタート直後

うおおおおおおおおお!!という叫びが聞こえてきそうな先頭争いの戦争!

マチューとファン・アールトとは逆の位置からピドコックが飛び出し、一気にマチューとファン・アールトの隣へ並ぶ。ピドコックが集団の頭をとったかに見えたが、マチューが伸びて集団の頭を押さえる!

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
2021シクロクロス世界選手権エリート男子。大渋滞

スタートしてすぐのコーナーからのこの登りで大渋滞。集団中程から後ろの選手はここでバイクを降りて押さざるを得なくなりタイムロス。このことがわかっていたからこそ、上述の3人は集団の先頭を何がなんでも奪いたかった。

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
2021シクロクロス世界選手権エリート男子 最大の目玉の巨大なフライオーバー

そして今年のコース最大の目玉(?)といえるこのフライオーバー。高所恐怖症の選手とかいないのだろうか・・・

2021シクロクロス世界選手権エリート男子 海岸

一周目の海岸の砂場でいっきにファン・アールトが先頭へ躍り出る。攻撃をさっそくしかけてきたのか?それができるほど調子がいいのか?

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
2021シクロクロス世界選手権エリート男子 激しい戦いと雄大な海との対比が美しい

選手が繰り広げる一周目の激しい争いに、海がまるで歓声をあげ応援しているかのような波しぶき。すばらしい。

そしてこの後すぐにすでに1周目からファン・アールトとマチューとの一騎打ちの様相となる。どちらも調子は良さそうで、これは最後まで2人の接戦かと思われた。

だがその矢先・・・2周目でなんと現王者マチューが痛恨のミス!

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
マチュー・ファン・デル・プールが転倒!

ああああああああああああああああああああ!

マチューが派手に転倒!痛恨のミス!

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
マチューが痛恨のミス

幸い怪我もなく、バイクも走れる状態だったためすぐに走行を再開。

この転倒もあり、先頭のファン・アールトとの差が13秒程度に開いてしまう。これはファン・アールトが勝ったか!?

マチューのバイク交換シーン

3周目に入り、マチューはバイク交換。

だがワウト・ファン・アールトはバイク交換なしでそのまま走り続ける。

このバイク交換の有無、まさかこれが勝負の伏線だったとは・・・

2021シクロクロス世界選手権エリート男子
3周目でファン・アールトをとらえるマチュー

バイク交換後、3周目の途中でマチューが圧倒的追い上げでファン・アールトを捉える。

これはマチューが速いのか、ファン・アールトのペースが落ちたのか?いやあえてペースを落としたのか?

そんなことを思いながらこれまでの各周回ラップタイムを確認しようとしてたら・・・

ファン・アールトがパンク!?

マチューがファン・アールトを捉えてすぐに先頭を奪回!このときなんかファン・アールトの動きが微妙に重い??と思っていたら、なんとパンクしていた!

そしてこのパンクで生まれた差が、そのまま最後まで響いた。結果、優勝したのは・・・もう言うまでもないね。そうマチューである。

もしもマチューがバイク交換したときに、ファン・アールトもバイク交換をしていればひょっとしたらパンクしなかったかもしれない。ほとんど運みたいなものだが、何か別の行動をしていれば別の未来があったかもしれない・・・

だが中盤のパンクが影響したとはいえ、仮にそれがなかったとしても、もしあのまま2人で走り続けていてもマチューの優勝は十分にあり得た。それぐらいの強さを最後まで彼は示し続けた。誰もが納得の王者であろう。

それにしても今年のこの世界選のコースは素晴らしいレイアウトと設計だった。考えた人にアッパレ!

2 thoughts on “2021シクロクロス世界選手権の結果と感想

  1. ワウトは出場した世界選手権全部2位でしたね。
    さながら自転車界の「和牛」といったところでしょうか。

    1. M-1にて

      和牛「えー、ワウト・ファン・アールトとかけまして、我ら和牛と解きます。その心は?」
      和牛「ずっと2位!しかも、レッドブルだけにね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください