BAN(追放処分)の画像

チート行為でZwiftから半年の追放処分(BAN)

人気のオンライントレーニングアプリZwiftが、チート(ずる)をしたとしてあるプレイヤーを半年間のBAN(バン:追放処分)とした。

情報源:Zwift bans rider Philipp Diegner for six months for data manipulation

今回BANされたのは、チームCanyon Esportsのプロ選手Philipp Diegner。故意に別のデータをZwiftへ送信したことが理由である。

彼がそのチートを行ったのはZwift レーシングリーグのシーズン2のNo.3でのことのようだ。今回のBAN処分は先月1/25から遡及的に適用され、その結果今年の7/25までの追放処分となる。

Zwiftはユーザーのデータを解析・分析し、そこからそのユーザーの実力を把握している。そしてどの程度の範囲内の出力データなどが普通なのかを決定している。その範囲から外れたデータが検出された場合、その乖離の程度、タイミング、頻度などから異常かどうかを判断し、さらにチートかどうかを決定している。

今回のPhilipp Diegnerのケースは、おそらくかなり目立つデータの乖離だったのだろう。逆に言えば目立たないレベルなら・・・うんまぁそういうことかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください