リッチー・ポートの骨折の有無が判明

昨夜のパリ~ニース第1ステージで落車し、初日でリタイアとなってしまったリッチー・ポート。

まるで呪われたロードレースキャリアが再びか!?と思われたが、幸運にも骨折はしていないことが判明した。次のチームイネオス公式ツイッターを見てほしい。

ひとまず自宅に戻り静養。その後また再始動の予定のようだ。

ちなみに上の過去記事でも書いたが、原因は誰かが落としたボトルを踏んでバランスを崩したことである。昨年のジロ・デ・イタリアでゲラント・トーマスもボトルを踏んで落車。その後結局リタイアになってしまったのを思い出す。

UCIは4/1からボトルを捨てる時・場所について新しいルールを導入する予定で、これまで基本的に自由に捨てることができていたボトルも、その捨て方に制限が課せられるようになる。だが当然このパリ~ニースではその新ルールはまだ適用されていないため、今回の不幸につながったと言える。

昨夜のハイライトはこちら。


2 thoughts on “リッチー・ポートの骨折の有無が判明

    1. いやほんと、「ああしとけば・・・」と思うブヒね。

      きのせいかボトルがらみで落車って、リタイア率高いような・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください