Bontragerから最速ホイールのディープリム版Aeolus RSLが3種類登場

Trek(トレック)が保有するホイールブランドのBontrager(ボントレガー)から、最上位級のロードバイク用ホイールのAeolus RSLが登場した。

Trek日本公式サイト:ホイール一覧ページ

レースタイプやコースによる使いわけが可能に。全4種類のリムハイトが揃う

今回の発表の面白い点は、リムハイトが51mm、62mm、そして75mmという3種類のディープリムが一気に登場したことだ。もちろん全てディスクブレーキ仕様である。それぞれ名前は、Aeolus RSL51、Aeolus RSL62、Aeolus RSL75となる。

なおこのインスタグラムの37mmというリムハイトのAeolus RSLはすでに現行Emondaが登場したときに発表ずみだ。よって、今回の発表で4種類がリムハイトが勢揃いしたことになり、特にレース派のガチ勢はレースのタイプやコースの状況による使い分けが可能となった。

言い換えると、「おまえら全部買えよ」というトレックからの熱い(怖い)メッセージである。

エアロ性能の向上で最速のホイールへ

開発理念と新しい空力解析法の採用

ディープリムの登場ということで、もちろん開発理念は「エアロ性能の向上による、(同社中)最速のホイール」である。

これまでの開発では空力解析をする場合に、タイヤとリムだけを使ってきたが、今回の新ホイールでは、タイヤとホイール全体(スポークやハブやディスクブレーキを含めたもの)を使って解析を行った。これにより、「より全体的」なエアロ性能の分析が可能となり、開発力の向上へつながった。

その新解析技術の導入により、真正面からの風と横風の両方で空気抵抗の低減に成功した。

ワイドリム化:25C以上のタイヤに最適化

なお今回発表された三種類(51、62、75)は全て25C以上のタイヤを前提としてそのエアロ性能が最適化されている。まぁ最近はどこのブランドも同様だが。

このようにワイドリム化したことで、走行時のタイヤの変形が抑えられ、転がり抵抗の軽減にもつながった。

性能

Bontragerによると、既存のホイールAeolus XXX4またはXXX6と比較すると、時速45kmで重量77kg(人間+バイク)という条件の場合で、次のようなパフォーマンス向上が見られたと言う。

Aeolus RSL51(対XXX4) Aeolus RSL62(対XXX6)
空気抵抗16%減14%減
転がり抵抗10%減10%減
安定性9%増8%増

Aeolus RSL62とXXX6との比較データについては、1500Wで200mを走ったときに34Wの省エネが可能で、距離にして1.6m有利になるようだ。

価格と重量など

RSL75RSL62RSL51
重量1645g1520g1410g
リム内幅23mm23mm23mm
対応タイヤ幅25~45C25~45C25~45C
ハブDT 240s with Rachet EXPDT 240s with Rachet EXPDT 240s with Rachet EXP
リムOCLV RSLOCLV RSLOCLV RSL
スポーク(前/後)24/2424/2424/24
アクスル12mm12mm12mm
価格294,500円294,500円294,500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください