ロードレースニュース

ニバリがアスタナへ移籍か?トレックは契約延長のオファーを出さない方針

東京五輪ロードレースにイタリア代表として出場するヴィンツェンツォ・ニバリだが、所属するTrek-Segafredoは来年のオファーを彼に出さないようだ。つまり今年限りでTrek-Segafredoから移籍するか引退するかになる。

そしてアスタナへ舞い戻るのではないかと噂されているようだ。

情報源:Trek-Segafredo expecting Vincenzo Nibali to join Astana-Premier Tech

ニバリがTrek-Segafredoと契約したとき今年についてはとにかく東京五輪が最優先という話だったようだ。それゆえ来年ニバリがどうかは五輪が終わってからいろいろ考えることになっているもよう。しかし、チーム側としてはニバリに来年に向けた契約延長のオファーは出さず、今年限りでTrek-Segafredoから離れることになりそうだ。

Trek-Segafredoを率いるボスのLuca Guercilenaが言うには、「個人的な予想やけど、来年度はアスタナに戻るんちゃうかな?アスタナとの縁は続いてるみたいやし。こちらとしては契約延長のオファーをするつもりはないよ」

では、ニバリの代わりとなる総合系選手でエースとなれるような選手を新たにチームに迎えるのか?

この点についてLuca Guercilenaは否定する。つまり来年のグランツールでも今年の同じエースたちを立てて戦うことになる。

ただし、来年に向けて2名のピュアクライマーと2名の若いクラシックに強い選手が入るもよう。名前はまだ明かされていないが、8月に発表される予定とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください