Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイク用サドル

プロでもサドル痛。ジェイ・ヒンドレーがブエルタ欠場へ。

サドル痛のためジェイ・ヒンドレーがブエルタ・エスパーニャを欠場へ。代わりはクリス・ハミルトン

Share your love

チームDSMはすでに今年最後のグランツールのブエルタ・エスパーニャに向けた布陣を発表ずみだが、そのうちの1人のジェイ・ヒンドレーがブエルタ欠場を発表した。チームのツイッターを見てほしい。

ヒンドレーの代わりに、今年のジロ・デ・イタリア第12ステージで惜しくも2位となったクリス・ハミルトン(Chris Hamilton。オーストラリアの26歳)が入る。

いったいなぜヒンドレーが欠場するのかといえば、理由はコロナや体調不良というわけではなく、サドルによる痛みだ。

もともとサドルとの相性が悪かったのか、それともあるタイミングで体の肉付きや体の使い方もしくはポジションが変わった影響なのかなど理由は不明だが、長時間・長期間のライドではサドルによる痛みが発生していたようだ。

ヒンドレーはブエルタに向けたトレーニングをしており調子そのものは良かったのだが、医師との相談のもと今回のブエルタ欠場を決めたとのこと。

しかし長丁場のステージレースであるブエルタの代わりに、より短期間のステージレースには出場するようだ。たとえば今月の8/9から始まるツール・ド・ポローニュ(Tour de Pologne)や8/29のブルターニュ・クラシック(Bretagne Classic)などに参戦予定となっている。

今回のヒンドレーの件は、プロでも、いやプロだからこそサドルによる痛みというのは不可避という例だろう。最近は様々な技術や理論の進展によりほんとうに多くの種類のサドルが販売されているので、自分に合うものが見つかることは十分あり得る。だが、それら全てを試すことは現実上不可能であり、ベストなサドルに巡り会える可能性は理論的にはあるものの、現実的にはある程度で妥協せざるを得ないというのもなかなか「ぐぬぬ・・・」という気持ちにさせる。

ちなみにブタも何年か前に今のサドルに変更したが、数年間はなかなか尻に合わず、2時間のライドですらわりと嫌・不快だった。でもいろいろ位置をいじったり、ポジションを変えたりし続けた結果、今では「まぁええか」と思いながら1日中乗れる程度にはなっている。

関連記事:【おすすめ】Veloskinのシャモアクリームの紹介・レビュー・感想

Amazon

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6276

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!