シクロクロスに新種目誕生か?チームリレーが世界選で試験的に導入へ

ひょっとすると、シクロクロスがさらにおもしろくなるかもしれない?UCIがシクロクロスに新種目として「チームリレー」を試験的に導入するようだ。

情報源:UCI to test team relay at Cyclo-cross World Championships in Arkansas

ここ数年UCIによって、ロードレースのタイムトライアルに男女混合リレーが導入されていることはみんなも知っている通り。いわばそれのシクロクロス版と言えるだろう。

試験的に初めて導入されるのはなんと、来年1月29~30日に開催されるシクロクロス世界選手権だ。今回の世界選はアメリカのアーカンソー州のフェイエットビルが舞台となる。

このシクロクロスチームリレーの特徴は以下のようなものとなる。

  • 各国の1チームは6人編成
  • エリートの男女を各1名ずつ、U23またはジュニアの男女を各2名ずつの合計6人
  • チームリレーだけに出場するのはダメ
  • 選手の走行順は各国が自由に決めてヨシ!
  • 1周3キロを1人ずつ走って交代する。チーム全体で6周
  • リレーは世界選のオープニングセレモニー的な感じで、1月28日の午後12:30(現地時間)に開催予定

個人的にはタイムトライアルリレーよりも、こっちのほうがおもしろいんじゃないかと思う。運動会でいう障害物リレー的な?

日本各地で行われているシクロクロス大会でもこれは流行りそうな気がする。すでにやっている市民レースとかあるのかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください