Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

50歳の大ベテラン、ダヴィデ・レベリンが今年かぎりでの引退を表明

50歳のベテランのダヴィデ・レベリンが、今シーズン限りでの引退を表明

Share your love

今年の8月で51歳になる大ベテランのイタリア人選手ダヴィデ・レベリン(Davide Rebellin)。しかしついに30年にわたるキャリアの幕を下ろすことを発表。

情報源:Davide Rebellin, el gran abuelo del pelotón se ‘cuela’ en la Challenge: “2022 es mi último curso”

レベリンは当初2021年いっぱいでの引退も考えていたのだが、昨年に脚を骨折。そのまま引退となるような不完全燃焼はイヤだということで、2022年も現役を続行することを決断していた。

関連過去記事:50歳のダヴィデ・レベリンが来年も現役続行

そして今回、今シーズンが現役最後のシーズンとなることを発表した。50歳になっても「ただレースで走る」のではなく、できるかぎり上位を狙うという意志は変わらない。

現在はチームWork Service-Machiol Vegaに所属していて、終わったばかりのチャレンジ・マヨルカにも出場していた。

レベリンがプロになったのは1992年。今のロードレースシーンを席巻する若い世代、たとえばタデイ・ポガチャル、マチュー・ファン・デル・プール、ワウト・ファン・アールト、トム・ピドコック、レムコ・エヴェネプールといった選手らが生まれる前の話だ。すごい

そんなレベリンは特に2000年代前半に輝かしい実績を残している。たとえば、

  • フレッシュ・ワロンヌを2004、2007、2009と優勝
  • アムステル・ゴールド・レース優勝(2004)
  • ティレーノ〜アドリアティコ (2001)
  • パリ〜ニース (2008)

といった成績だ。1996年のジロ・デ・イタリア第7ステージではステージ優勝をあげ、その後第12ステージ終了まではマリア・ローザをキープしていたこともある。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6255

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!