エリトリアの自転車選手

ビニアム・ギルマイがイネオスに移籍??

今年のベルギー石畳戦線の1つ、ヘント~ウェヴェルヘム(Gent-Wevelgem)でアフリカ系黒人選手として、そしてエリトリア人として歴史的な優勝を飾ったビニアム・ギルマイ(Biniam Girmay Hail)。すっかり母国では英雄となっている。凱旋パレードも大きくそして華やかに行われた。

そんなギルマイを、イネオスが狙っているという噂があるようだ。

情報源:INEOS GRENADIERS ARE APPARENTLY INTERESTED IN SIGNING BINIAM GIRMAY

たしかに最近のイネオスは若い才能・新しい才能を集めるのに執心し、チームの若返りと、グランツール偏重からクラシックにも注力という戦略の変化も遂げようとしているわけで、ギルマイはまさにそういったチームの戦略にも合致する選手だろう。しかも「多様性」という観点からはチームのイメージアップも図れる。

ただ現在のところギルマイは所属チームのアンテルマルシェとの契約が2024年まであるわけで、しかもアレクサンダー・クリストフ(Alexander Kristoff)の引退も視野にいれると、アンテルマルシェ側もクラシックに強い選手として手放したくないのは確実だろう。

イネオスがすぐにギルマイを欲するのならば、アンテルマルシェ側と厳しい交渉を行う必要があるのではないだろうか。

ギルマイの現時点での年俸は30万ユーロ(約4000万円)だが、アンテルマルシェ側はヘント優勝という結果の重要性を考えて、年俸を大幅アップさせる用意があるらしい。年俸1億円突破は確実か?

さらにはイネオスが狙うということは、当然他のライバルチームたちも狙っているはず。特に資金力が豊富だと思われるUAEあたりが食指を動かしそうなイメージ。そうなるとギルマイ争奪戦が盛り上がり、契約金も大きく釣り上がるだろうか。

個人的は2024年まではアンテルマルシェにいるだろうと思うが、はたして・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください