ロードレース

2021アムステル・ゴールド・レースの結果

残り60kmでトム・デュムランが!

ゴールまで残り60kmぐらいとなったカウベルグの登りで、少しずつレースが動きだしたが、そのカウベルグ付近でロードレースから一時的に離れていたトム・デュムランが一般の観客として発見された。

次の動画を見て欲しい。

実にデュムラン(大)だ。いつものジーパンと革ジャンスタイルだ。これしか服を持っていないのだろうか?(無礼千万)

残り20kmのカウベルグでエースらがついに動く

残り20kmで最後のカウベルグ。1つの勝負所だ。距離は1200m、平均斜度5.8kg、最大斜度11.8%。

ここまでは有力勢も大きな集団でまとまって走っていたが、もちろんここから勝負に出るため脚を温存していたはず。

そしてやはりここで各チームのエースらが動いた。世界王者ジュリアン・アラフィリップ、ワウト・ファン・アールト、トム・ピドコック、KWSK(ミカル・クウィアトコウスキ)らが加速し集団から抜け出す。

いったんはKWSKが先行してイネオスにとって理想的な展開を作りかけるが、他の選手らが追いかけやがてKWSKは吸収される。

ロードレース

しかし、残り12kmのところで今度はいよいよチームのエース、ピドコックが加速!

これについていったのは、Bora-hansgroheのマキシミリアンシャフマンと、Jumbo-Vismaのワウト・ファン・アールトの二人だけ!アラフィリップは何をしている!?

ロードレース

この3人が協力し追走との差を広げる。一方で追走集団はチームイスラエルや特にアラフィリップを勝たせたいDeceuninck-QuickStepが全力で引くが、なかなか差をつめきれない。

15~20秒前後の微妙な差のまま、ついに残り1kmへ。

残り300m!牽制する先頭と加速する追走!

ロードレース

残り300mでも先頭の三人は牽制中。一方で追走集団は加速スタート!

ロードレース

残り100で、ファン・アールト加速、少し遅れてピドコックも加速!この光景・・・あのときの!?

そして最後は・・・これだ!

わかる?

ロードレース

この差ッ!!!

ブタはこの真横からの画像で、「ピドコックだあああああああああああああ!」と思った。

だがしかし、大会側の判断はワウト・ファン・アールトの勝利!

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

でも空撮で見ると・・・

ロードレース

あー・・・たしかに?

これだと、ファン・アールトのほうが先にゴールしてそうな感じはある・・・でも真横からの写真だとこの空撮ほどの差はないように見えるが・・・ファン・アールトのほうがバイクのサイズがでかいので、そのフレームのサイズ差が命運の決定となったか?

先日のプランバンツ・ベイルではファン・アールトをスプリントで仕留めたピドコックだったが、今回は本当に惜しくも差し切れなかった。これはロードレースでも珍しいほどの僅差!こういうのも含めて、やはりロードレースは面白い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください