ロードバイクのオーバサイズプーリー

パリ~ルーベでMTBのXTRコンポを使用したA.チュルギスのバイクSpecializedのS-Works Roubaix

先程の記事では地獄のパリ~ルーベでユンボ・ヴィズマが使っていた機材のネタだったが、今回はトタルエネルジーのアントニー・テュルジス(Anthony Turgis)がパリ~ルーベで使っていたバイク、スペシャライズドのS-Works Roubaixを紹介している動画を見て欲しい。

ユンボ・ヴィズマはシマノのR9100ホイールだったが、こちらはバイクメーカーがスペシャライズドなのでRovalのRapid CLX。リムハイトは前が51mm、後ろが60mm。

タイヤはまだ正式には発表されていない新型チューブレスタイヤで32mm幅。ホイールのエアバルブの根本にも注目してほしい。

チュルギスもユンボ・ヴィズマと同じく、11速のデュラーエスを使用。しかしチュルギスのバイクの特別なところは、そこにシマノのMTB用コンポXTRのリアメカを組み込んでいることだ。

またフロントリングは1枚だけ。54Tのフロントシングルだ。フロント2枚にしていたらリアメカにXTRを使えなかっただろうと話している。

動画ではリアは12/30T。本番では12/28Tだったかも?

またパリ~ルーベでよくあるテクニックの1つ、バーテープの二重巻きだが、チュルギスはそれをしていなかったようだ。スパカズのバーテープを普通に1回巻いただけ。スペシャライズドのRoubaixに搭載されている衝撃吸収技術のフューチャーショック(Future Shock)があれば、バーテープ二重巻きは不要という判断だったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください