ロードバイクとロードレース

元世界王者ルイ・コスタが移籍。UAEからアンテルマルシェへ

現在UAE-TeamEmiratesで走るベテランのポルトガル人ルイ・コスタ(Rui Costa:通称ルイ子さん)が、ベルギーのワールドツアーチームのIntermarché-Wanty-Gobert Matériauxへ移籍する。

ルイ子さんことルイ・コスタは2013年の世界王者。その当時はモビ☆スタに所属していた。その後はランプレ・メリダそして2017年から現在のチームUAEだ。

そんな元世界王者が新天地としてIntermarché-Wanty-Gobert Matériauxを選んだ。

今年のIntermarché-Wanty-Gobert Matériauxはなんといっても、エリトリアの英雄でロードレースの歴史に新たな1ページを創り上げたビニアム・ギルマイ(Biniam Girmay Hail)の活躍が光る。

またベテランスプリンターのアレクサンダー・クリストフ(Alexander Kristoff)、総合系選手のルイス・メインチェス(Louis Meintjes)、クラシックでのタコ・ファン・デル・ホールン(Taco van der Hoorn)といった選手も活躍。

さらに今年は、ジロ・デ・イタリアでステージ優勝をあげたヤン・ヒルトに加え、直近のレースならばツール・ド・ポローニュ第2ステージのヘルベン・タイッセン(Gerben Thijssen)や、ツール・ド・ワロニー第5ステージのヤン・バケランツ(Jan Bakelants)の勝利が記憶に新しい。

今年だけでいえば、現時点で積み上げたUCIポイントランキングは6位という好成績。ワールドツアー昇格着後は正直パっとしないチームだったが、昨年から一気に存在感が増してきたように思われる。いわば勢いがあるチームといえるだろうか。

そんなチームが石畳クラシック以外なら、わりとなんでもできるルイ・コスタを獲得ということで多くのレースで作戦の幅が広がるのではないだろうか。

なおとりあえず1年契約のようだ。

2013年UCI世界選手権ロードレース男子エリートのハイライト動画をどうぞ。若き日の(?)アレハンドロ・ベルベルデおじさんの勇姿と最強スペインチームの「いつものアレ」ぶりを再びどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください