Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ヒゲのゲシュケがコフィディスとの契約を延長

シモン・ゲシュケ(Simon Geschke)がコフィディスとの契約を延長。2024年まで残留へ。

Share your love

コフィディスに所属するドイツ人の36歳、「ヒゲのゲシュケ」ことシモン・ゲシュケ(Simon Geschke)が同チームとの契約を延長した。チームのツイッターを。

契約期間は2年で、2024年まで残留することになった。

先日のジャパンカップでは13位で完走。日本のヒゲファンに元気な姿を見せてくれた。

キャリアで数多くの栄光を手にしてきたというタイプの選手ではないが、いぶし銀というか、「またおまえか」みたいにTV映像に映ることの多い選手のように思う。

今年についていえば、なんといってもツール・ド・フランスで山岳賞ジャージを着たこと、そして最終的に山岳賞ランキングで2位で大会を終えたことが印象に強い。1位は第18ステージでゲシュケから山岳賞を奪ったヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)。

そのときの感想記事がこちら。

そしてそのステージで山岳賞ジャージを失ったゲシュケは、

あと少しで念願のツール山岳賞を確定できたのに、その夢が終わってしまいゴール後に涙を流していた。

36歳という年齢だが、このツールでの走りも含めて今年はゲシュケにとってしっかりと走れた良いシーズンだったとのこと。それがコフィディス残留を決めた要因の1つだろう。チームとしても計算ができる選手だけに来年もグランツールやクラシックで好走してくれるとの期待は高いはず。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6667

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!