イスラエルのジャコモ・ニッツォーロが鎖骨骨折。スイスでのトレーニング中

イスラエル・プレミアテックのスプリンターのジャコモ・ニッツォーロ(Giacomo Nizzolo)がトレーニング中に落車し、鎖骨骨折の重傷となった。チームツイッターを。

このチームからの発表によると、スイスで行った先週末のライドの途中で鎖骨をやったもよう。ただし手術の必要はないとのことだ。

ニッツォーロの骨折はおそらく今年は2回目。最初の1回目は春のミラノ~サンレモでの手首を骨折したことだ。最後の勝負どころのポッジオの下りで落車し手首を折った。

上チーム発表ではこの骨折はシーズン前の準備に大きな影響を与えるものではないようだ。

今年イスラエル・プレミアテックがワールドツアーチームから降格する原因の1つが、春先の病人の続出。大切なレースでも満足のいくチーム編成ができなかった。来年度も同じ不幸にならないよう、怪我や病気には細心の注意が必要だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください