バーレーン・メリダがロハン・デニスとの契約を打ち切り!



Rohan Dennisは、今年の世界選個人タイムトライアルでチームスポンサーであるMeridaのTTバイクを使わずに、おそらく去年の世界選を制したBMCのTTバイクと同じもの(?)を使い優勝した。結果出すからすげーわ。



そして世界選ロードレースではオーストラリアチームの一員として前半はしっかりと働いて、後半に入ったところでリタイア。そのときの表情はわりと和やかというか、リラックスしてるような表情やった。特に憔悴もなさげ。

しかしまさにその世界選ロードレースの途中で、なんと所属チームBahrain Meridaが、Dennisとの契約の打ち切りを発表!



ただし、契約の打ち切りそのものは9月13日に行われていたもよう。その事実を今日のレース中に発表したというわけやね。

なぜ発表を遅らせたのかというと、チーム側の声明によると、Rohan Dennisを世界選に集中させてやりたかったから。世界選の前に発表すると、マスコミが本人のもとに殺到するからね。周囲が騒がしくなって世界選の準備に集中できひん。

実は最近までDennisは取材に対して「来年もチームに残留するんちゃうかな」と言ってたんやけど、いきなりのこの発表。

ところで気になる2020年の所属先はいうと、さすがにまだ不明。そろそろ移籍市場が終わり出す頃やと思うけど、どこかのチームはすでに接触をしてるんやろかね。どうやろね。

まぁ実力はいうまでもないから、欲しいチームはいくらでもあるやろね。Trekとかどう?またTTバイクに不満もちそうやけど。

あれ?ひょっとしたらTom DumoulinがいなくなったチームSunweb入りという可能性があるいはチームNTTか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください