Loading...
ニュース

【早期の契約を!】Katusha-Alpecinの選手はまだ合併後のチームとの契約が無い

カチューシャ・アルペシン

Israel Cycling Academy (以下ICA)が、Katusha-Alpecin(以下KA)を吸収合併し、KAが所有してたプロチームライセンス・ワールドツアーライセンスをそのまま流用することで、実質的にプロコンチネンタルチームからワールドツアーチームへと昇格を果たそうとしている。それがこれまでの報道。

まだ消滅していないKAの選手には2種類いる。すなわち、ICA以外のチームへ移籍が決まっている選手と、KAとの契約が今期で終了しない選手(KAとの契約が残っている選手。11人)や。



前者の場合ならなんの問題もない。新天地で頑張っておくれやす。しかし後者の選手11人が問題。なぜなら、今もまだ新チームとなるICAとの契約がどうなるか不明・未定のまま、宙ぶらりんのままの状態やから。

情報源:Riders remain in the dark over futures following Israel Cycling Academy takeover of Katusha-Alpecin

ワシ「えぇ・・・(困惑)おいおい、もう移籍市場は終わりかけやろ・・・もしICAと契約できなかったらどうしてくれんねん」

と思わざるを得ない。

KAとの契約が残っている11人はICA以外の他チームへ移籍しようにも移籍できない。そして新チームICAとの契約もまだなされていない。そんな事態になるなら、いっそのことKAがきれいさっぱりと完全消滅してくれていれば、契約も完全に消滅し自由に移籍交渉できる状態になっていたのに。不運としかいいようがない。

KAとの契約が残ってて移籍交渉ができない11人には、Nils Politt、Alex Dowsett、Harry Tanfieldも含まれる。みんなまだ来期の契約がない状態。

そのTanfieldは現状についてこう述べる。

“God knows [what will happen for 2020]. We have nothing, absolutely nothing,”



訳「現状、神のみぞ知る状態や。ワシら選手はなんにもわからん。マジでなんにもわからんのや」

“I had started to talk with other teams at the end of September but being in contract, we can’t ask. I just hope something comes up because if not, I’m f**ked. That’s the situation.”



訳「9月末に他のチームと話を始めたりしたんやけど、法律的にまだKAとの契約が2020年まで残ってるから、他チームと契約できひんのよ。今はただ上手くいくよう祈るだけや。もしICAとの契約ができなかったら、マジでフ★★クや。いまはそんな感じ」

【関連記事】

チームKatushaが消滅話を否定するも未来は不透明

チームKatusha-Alpecinは消滅し、Canyon-Alpecinが誕生?さらにMathieu van der Poelが加入?

Katusha-AlpecinとArkéa Samsicが合併!?キンタナとブアニも参加!?

Arkéa-SamsicはKatusha-Alpecinとの合併話を否定

カヴェンディッシュとキッテルのいないツール・ド・フランスはどうだったのか

マルセル・キッテルが完全引退を発表。引退の理由とは?

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)


2 comments
  1. アバター
    どんなー

    えぇ…(困惑)
    チームが無くなるのが決定しているのに契約が残っていると他のチームとは契約できないんですね…例外ルールがあってもいい気が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」