Jumbo-Vismaの次期エースはDe Plus。そして予算増額

情報源:Sportief manager Merijn Zeeman over succesjaar van Jumbo-Visma: “En toch hadden wij het op één na laagste budget van alle WorldTour-ploegen”



今年のチーム予算額が全ワールドツアー中ワースト2位だった貧乏チームJumbo-Visma。しかし、そんなボンビーな状況だったにもかかわらず今年の戦績と成功は全チーム随一といってもいい。

その成功を受けて来年に向けた予算は増加。その増加があのTom Dumoulin移籍を実現させたと考えられる。ただ、増加したといっても、Ineosのように圧倒的な資金力となるわけではなく、やっとワールドツアーチーム中の中間順位ぐらい(つまりフツーのレベル)の額でしかないもよう。

参考:Jumbo-Visma to jump up team rich list after budget increase for 2020 season

そんな同チームの監督が、現在グランツールで山岳アシストを務めるDe Plusについて、未来のスターだと述べている。それが↑の情報源記事。監督はこう表現する。

“He has everything to make it to the podium in a big tour.”

訳「De Plusはグランツールで表彰台に登るために必要な能力を全部持っとる」

De Plusはクライミング能力はもちろん、個人TT能力も、そして三週間最後まで残れるだけの体力も有している。そう言うてるわけやね。それゆえに、次期エースになれるだけのポテンシャルが十分あると。

ただ、そんな未来のスター選手も来年についてはグランツールでエースを張れるとは思われない。

というのも、同チームにはPrimož Roglič、Steven Kruijswijk、そしてTom Dumoulinという3人のエースがいるから。仮に1人1つずつグランツールでエースを務めるならば、De Plusは良くてダブルエースの1人となるか、そうでなければアシストとならざるを得ないから。

Wiggleでブラックフライデーセール開催中。予算の増額はOK?奥さんにお祈りはすませた?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください