ワウト・ファン・アールト

ワウト・ファン・アールトがついにレース復帰。金曜日のDVV Trofee Azencross

情報源:Wout van Aert to make comeback at Azencross

今年のツール・ド・フランスの個人TTステージ(7月19日。第13ステージ)で、大怪我を負った前シクロクロス世界王者(3度の世界王者経験)のワウト・ファン・アールト。その後5か月ほど一切レースはせずに完治に努めていた。

しかし、そんな退屈な(?)な日々に別れを告げるときがやってきた。ついに、今週金曜日(現地時間)のDVV Trofee Azencrossというシクロクロスレースで、レースに復帰することとなった。

ファン・アールトは次のように今の心境を述べる。

“I am looking forward to getting back into the bustle of the cross,”



訳「ずっとこの人気レースに復帰するのを心待ちにしてたんよ」

“On training, I have felt for a while that things are moving in the right direction, but it is nice to be an effective rider again.”



訳「復帰に向けたトレーニングでも、最近はええ感じに前進してるという実感があったんよ。でも、実際にまた再びレースができるレベルの選手として戻ってこれたのはすばらしいね」

このレースはファン・アールトの家からも近く、子供時代から参加している馴染みのレース。いわばホームみたいなもの。そこで復帰を飾るというのは、言葉以上の気持ちが含まれてるやろね。

“It is not the intention to go for a result,”



訳「優勝とかの結果を求めるつもりはないで」

“I hope it will be realistic to be in top form again in the period from Milan-Sanremo to Paris-Roubaix,”



訳「現実的には、ベストな状態に戻るのはミラノ~サンレモからパリ~ルーベの期間やろね」

というわけで、慌ててレースで何かを求めようとしてるのではなく、あくまで春のモニュメントのクラシック戦線で全力を出せるようじっくりと調整していこうというもの。でも、今回の地元レースでの復帰は、そのための気合というか「ここからまたスタートや!」と奮起するための1つのセレモニーみたいなものとして重要なんやろね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください