rapha

自転車用ウェア・アパレル業界の市場規模と成長率

情報源:Bike apparel market grew to $5 billion in 2019

バイクアパレル業界が順調に拡大しつつあり、今後10年間(2029年まで)で年平均5%の成長率を記録するほどに伸びるとの予想がされている。

そして2019年度には世界全体で5500億円を超える市場規模となったとのこと。

特に近年バイクアパレルへの関心が熱かった地域は香港と日本。香港について言うと、消費者がバイクアパレルに寄せる関心度が2013年の39%だったのが、2018年には48%へ、日本についていえば同期間で7%の増加を記録している。自転車用アパレルに興味をもつ人が増えていることを示している。

これには同地域でのファッショントレンドがあるもよう。普段着に自転車用アパレルを取り入れるのがトレンドとして若者の間で流行ったらしい。ほんまかいな。また、バイクアパレルそのものもデザインが洗練され現代風に、そしてより個性的に多様性に富むものになっているのもそのトレンドを強くしたとのこと。ま、基本的に自転車用アパレルは高機能やしね。アウトドアブランドと同じような性能で、かつより細身にできてるしね。

もちろん、環境保護が重要なビジネステーマ・社会問題として捉えられつつあり、同時に健康についても重要な関心事項となっている現代社会では、環境に優しく、かつ健康にも良い自転車の人気が拡大しつつあるということも考えられる。

ま、なんにせよ自転車が広まるのは大歓迎。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください