オークリーサングラスSutro Origins Collection

オークリーから1984年デザインの「Sutro Origins Collection」が登場

近年のロードバイク用サングラスの特徴は乱暴まとめると2つ。レンズの大型化、そしてデザインはちょっちレトロ。ピーター・サガン愛用の100%のサングラスがまさにそれを体現し、トレンドリーダー的な存在となっている。

そしてサングラス界の王者オークリー(Oakley)の大型レンズを備えるバイク用サングラスといえば、Sutroシリーズ。そのシリーズに今回、1984年に実際存在した同社のサングラスをモチーフにしたレトロなデザインのモデル「 Sutro Origins Collection」が登場。

オークリー米国公式:Sutro Origins Collection

既存のOakley Sutroシリーズはこんなデザイン。



そして今回新しく登場した、「よりレトロにした」デザインのSutro Origins Collectionはこんな感じ。

オークリーサングラス Oakley Sutro Eyeshade
©2019 Oakley, Inc.  上記公式ぺージより



レンズの上部に穴が開いているのがポイントやね。通気性がよくなり曇りにくくなる効果が期待できる。もちろんオークリー製品なので、その穴から過度に風が目へと侵入し、走行に支障でるようなことはないと思う。ちゃんと計算して実験して作られているはず。

お値段はこの画像のとおり米国では166ドル(約1万8200円)。

一方、 下画像のように、日本市場向けのページがすでに用意されていることからすると、 日本でも販売される予定で、日本市場向けでは価格が2万3000円となっている。日本公式:Sutro Origins Collection

オークリーサングラスSutro Origins Collection
©2019 Oakley, Inc.



日本市場向けは赤色?他の色が登場するかはわからない。アメリカ市場向けでは他の色もある。

1984年に販売されていた製品との違いはこちら。

この投稿をInstagramで見る

Double tap to spread some love today. ❤#OneObsession

Oakley(@oakley)がシェアした投稿 –




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください