GarminがTacx Neoの修理サービスを開始へ、ただし、おま国。

スマートトレーナーと呼ばれるハイテクローラー台(マシン)とZwiftなどのアプリを連動させて室内でトレーニングをすることは今やすっかり常識となった。そしてそんなスマートトレーナーとしてプロ御用達の最高峰マシンの1つが、Tacx Neoシリーズ。



約1年前に「【大型M&A】GarminがTacx社を買収!業界覇権へ王手か!?」で書いたように、TacxはGarminに買収され、親会社はGarminとなった。

しかし、最近海外のTacx Neoスマートトレーナーユーザーの間で話題になり、Garminへの不満が噴出していた問題があった。それは、Tacx Neoに最新のファームアップデートを実行したら壊れたというもの。あまりにも大きく、そして重量のある文鎮と化す。インテリアにもなりゃしねぇ。

そして、保証期間が過ぎていた場合は、

Garmin「新しく買い替えてね。2割安くなるクーポンあげるよ」

というだけのサポートしか得られないという報告があった。ユーザーからすれば「ちょ、待てよ」である。

そんな不満がネットを通じて世界中で共有されるにいたり、ついにGarminが動いた。新しい修理サービスの導入が決まった。

情報源:Garmin introduces repair option following complaints from Tacx Neo smart trainer owners

その内容は定額で修理しましょうというもの。金額は£538(約7万4000円)+消費税。

ただし、これは海外だけ(特に英国だけ)での話なので、日本ではそもそもそういったサービスが導入されるのか、されるとすればいくらなのか、そのサービスの利用方法はどうなるのか、など現時点では一切不明。

ユーザーとすれば、同サービスの今後の世界展開に期待したいところ。


【関連記事】

【大型M&A】GarminがTacx社を買収!業界覇権へ王手か!?

Garmin社の第3四半期の決算。Tacx買収の効果はあったのか?

フルームがGarmin-Cervéloに移籍した可能性と、2011年当時の年俸(市場価値)

Garminから新作「MARQコレクション」が登場。めっちゃ高いぞ。

【CES2017】Garmin(ガーミン)が新Fenix5シリーズを発表。より洗練されオシャレなGPSウオッチに生まれ変わって登場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください