【5/5発表分】ツールか世界選か難しい。改訂版2020ロードレース日程について



先日書いたように(過去記事:UCIが年間レース日程の発表を先送り、5/5発表へ)、UCIが改訂版となる2020年度ワールドツアーレースの日程を発表した。

8/1(土)ストラーデビアンケ
8/5(水)〜8/9(日)ツール・ド・ポローニュ
8/8(土)ミラノ〜サンレモ
8/12(水)〜8/16(日)クリテリウム・デュ・ドーフィネ
8/16(日)プルデンシャル・ライドロンドン・サリークラシック
8/25(火)ブルターニュクラシック・ウェストフランス
8/29(土)〜9/20(日)ツール・ド・フランス
9/7(月)〜9/14(月)ティレーノ〜アドリアティコ
9/11(金)グランプリ・シクリスト・ド・ケベック
9/13(日)グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル
9/20(日)~9/27(日)世界選手権
9/29(火)〜10/3(土)ビンクバンク・ツアー
9/30(水)フレーシュ・ワロンヌ
10/3(土)〜10/25(日)ジロ・デ・イタリア
10/4(日)リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
10/10(土)アムステルゴールドレース
10月11日(日)ヘント〜ウェヴェルヘム・インフランダースフィールド
10月14日(水)ドワーズ・ドール・フラーンデレン
10月15日(木)〜20日(火)グリー・ツアー・オブ・グワンシー
10月18日(日)ロンド・ファン・フラーンデレン
10月20日(火)〜11月8日(日)ブエルタ・エスパーニャ
10月21日(水)ドリダーフス・ブルージュ〜デパンヌ
10月25日(日)パリ〜ルーベ
10月31日(土)イル・ロンバルディア



ちなみに今回発表されたものと、以前スペイン紙がリークした日程(過去記事「改訂版ワールドツアー新日程がリークか。モニュメントとグランツールが衝突。」)を比べると、少し相違点がある。下の画像が、リークされていた日程。



ティレーノ~アドリアティコ、パリ~ルーベ、イル・ロンバルディアなどの日程がいろいろ違う。



さて、今回UCIから公式に発表された日程表について最大の関心事項はやはりツールと世界選手権との関係である。

今年の世界選手権はスイスで行われる予定だが、まだ依然として消滅の可能性はある。これは先日、「世界選手権も中止の可能性が依然として存在」で書いた通り。

仮に行われるとして、ツール直後に世界選手権となる。例年どおりならば世界選の調整レースはブエルタとなるのだが、今年はそれがツールになる。

今年の世界線はスイスのアルプスの山あいの街を走るアップダウンのあるコース。次のコース紹介PVを見てほしい。



特に後半の周回コースに入ってからが本番。アップダウンにスプリンターたちが耐えられるか。サガンでもつらいかもしれない。

ただのクライマーでは世界選手権に勝つのが難しい。やはりバルベルデ、アラフィリップなどのパンチ力があって攻撃力の高い選手のほうが可能性が高い。

そうなるとそれらの選手はツールに参加するとしても途中で調整・休養のためツールを途中リタイアということも考えられる。ただ、総合上位を目指すチームの場合はそんなことをされるとたまったもんじゃない。そういった選手は最初からツールに選出しないかも?

一方ツールで総合上位を目指す総合勢はツールを最後まで走るとしても世界選手権にも出場するのか?という点も気になるところ。約1週間の間隔での世界選まで休養なしで連戦できるか?

また世界選は国別対抗戦という形をとるため、各国の選手選考がどうなるかも楽しみである。今年はこういった変則スケジュールのため、各国代表チームの監督やコーチも選手選考にかなり頭を悩ますのではないだろうか。

とにかくこれまではツールと世界選は怪我や病気などを除けばその両立が容易だったが、今年は非常に難しい関係になると思われる。どうだろう。

今日まで。2940円が299円で読み放題。Amazon Kindle Unlimitedがキャンペーン開催中Amazon公式:Kindle Unlimited


【関連記事】

新デュラエース発表はいつか?そして予想外のアレも発表される可能性が。

改訂版ワールドツアー新日程がリークか。モニュメントとグランツールが衝突。

ツール主催者がチームに8/29ツールの準備をするよう通達

トレーニング時の音楽、Deceuninck-QuickStep編

なぜトム・デュムランはStravaを使わないのか?

2 thoughts on “【5/5発表分】ツールか世界選か難しい。改訂版2020ロードレース日程について

  1. ツールと被ってるカナダワンデー2連戦が個人的に心配です。マシューズ、サガン、gva、アラフィリップたちはツールに行くだろうからウリッシ、スティバール、クリストフくらいしか有力パンチャーは出場しないんじゃないんですかね。ウリッシはティレーノに行くかもですし

    1. そうなるとそのレースはとてもさみしいレースになっちゃうブヒね。
      北米だけにアメリカ企業がスポンサーのチームは新人中心で臨む感じになるかもブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください