E.ベルナル「ツールでアシストはしない」





ひとまず8/29~9/20の開催と決まったツール・ド・フランス。その優勝候補はやはりチームIneosのトリプルエースのうちの誰か。その中の若きエース、エガン・ベルナル(Egan Bernal)は、「アシストをするつもりはない」と明言。


情報源:Bernal says he “won’t sacrifice” himself for Froome or Thomas at Tour

ベルナルは情報源記事中で、Gやフルームに敬意を示しながらも次のように述べる。

“But I also put myself in a position. I’m young, I’ve already won one Tour de France and I’m not going to throw away the opportunity to win another Tour. That’s for sure.



訳「Gやフルームに敬意は払うが、自分にも自分なりの立場があるわけ。若いし、ツールの優勝経験者でもあるし、連覇を狙えるチャンスをみすみす逃すつもりはない。それだけは確かや」

“That I would sacrifice myself, being at my 100 per cent… I don’t think I’m going to do that, nor will he, nor will anyone.”



訳「アシストすることもあるやろうけど、もし自分が絶好調のときだったら・・・アシストしようとはせーへんやろね。それはGもフルームも同じやと思う」

今年は新コロ助のせいで誰もがまともにレースができていない。他のライバルたちがレース強度で(実戦で)どれだけ動けるのかが予想がつかない。また自分自身もどれだけグランツールという長丁場のレースで動けるのか予想がつかない状況に陥っている。

仮にUCIの新日程どおりにツールが開催されるとして、最初の週をどのように過ごして乗り切るかが例年以上に重要になってくるかもしれない。ライバル同士の体調チェックがいつもより激しくなるかも?



【こちらの記事もどうぞ】

新デュラエース発表はいつか?そして予想外のアレも発表される可能性が。

待望の2巻!折り畳み自転車漫画「おりたたぶ」2巻の感想。こんちき先生の本領発揮!

ロマン・バルデがフランドルとパリ~ルーベに出場か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください