シーラント剤

【まだパンクで消耗してるの?】クリンチャーをチューブレス化?Muc-Offのインナーチューブシーラント(INNER TUBE SEALANT)



ロードバイクのタイヤには大きく分けて3種類が存在する。

1つはインナーチューブが必須のクリンチャータイヤ、2つ目はインナーチューブ不要のチューブレス。これらはどちらもホイールのリムにタイヤをひっかけて固定する方式。そして最後に古くからプロがレースで使うチューブラー。これはホイールのリムにタイヤを接着剤で貼り付けて固定する方式。

このうちチューブレスタイヤが最近のトレンドであり、今日ではその上位モデルであれば他種の上位モデルよりも高性能、すなわち最も速いタイヤとされる。タイヤ各社が今最も力をいれて開発し販売していると言っても良いであろう。

ただ、普及度は爆発的に増加とまではいってないように思われる。ぼちぼち増えてきたという感じか。

さてそんなチューブレスタイヤだが、もうみなさんご存知のように「シーラント剤」との併用がほぼ必須であり、常識である。シーラント剤はタイヤに穴が開いた場合、ちょっとした小さな穴であればその液体が瞬時に空気に反応して凝固することで穴を塞いでくれる実に化学的な液体である。

だが、穴が開いてパンクするのはクリンチャーのインナーチューブでも同じである。ならばインナーチューブの中にもシーラント剤を入れとけば良いのではないか?誰もがそう考えてきたはず。

いわば、クリンチャータイヤのチューブレス化である。

そこでワシがロードバイク掃除に愛用してるブランドMuc-Offから、インナーチューブに特化したシーラント剤が発表された。これで、クリンチャータイヤをまるでチューブレスタイヤのように運用することができる!?

その新商品がこちら↓



まずは使い方の動画をどうぞ。



Muc-Off公式:INNER TUBE SEALANT

この特徴をあげると、

  • インナーチューブ専用のシーラント剤
  • MTB、e-Bike(電動バイク)、ロードバイク、折りたたみ、いろんな自転車で使える
  • 最大で4mm幅の穴まで塞げる
  • 複数回のパンクにも対応できる
  • 乾燥して干からびない(耐ドライアウト性能あり)
  • インナーチューブの寿命がくるまで使える
  • 腐食防止剤を含有
  • 穴を瞬時にかつ効果的に塞ぐ形状の分子を使用
  • 水溶性のためお手入れ簡単
  • 人体への毒性のない安全性
  • 気温がマイナス15℃から50℃の範囲で機能する



容量300mlでお値段は£9.99(約1320円)。

チューブの大きさなどにもよるが、1回の使用では50ml~140mlで十分とされているので、1本のボトルで少なくとも1台の自転車に使う分には余裕であろう。

現在のところ英国とEU圏内でしか販売されていないが、7月には北米地域でも販売開始。アジア、特に日本での販売の有無やその時期は不明。日本ではあまり需要なさそうだから代理店は販売しないかも?

Muc-Off公式:INNER TUBE SEALANTにおいて、通販可能である。

なおインナーチューブ専用というシーラント剤ではないが、クリンチャーのインナーチューブでも使えるものはすでに普通に売られていて、たとえば、MTB界で有名なNOTUBES(ノーチューブス)のものがある。

Amazon:NoTubes タイヤシーラント剤 16 fl oz(ST0061)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください