Pirelliから新チューブレスタイヤP Zero Race TLR/TLR SLが登場。



現在のF1の公式タイヤ(F1は全チーム同じメーカーのタイヤを使う)でおなじみのPirelliが、ロードバイク用タイヤに参戦したのも今は昔・・・は言いすぎか。今年はTrekがVittoriaからPirelliにタイヤを変更して使っている。

→過去記事:今年からTrek-SegafredoのタイヤはPirelli

そんなPirelliから新しいチューブレスタイヤが2つ登場した。1つは日常的なライドやトレーニングに最適なP Zero Race TLR、そしてもう1つはガチレース用の同TLR SL(Super Lightの略)である。

情報源:Pirelli launches P Zero Race TLR and TLR SL road tubeless tyres with hookless rim compatibility

公式Twitterを。



【Pirelli公式サイト(海外)】

P ZERO™ RACE TLR

P ZERO™ Race TLR SL 700x24C



最新のETRTO規格に準拠で、フックレスホイールにも対応

これまでチューブレスタイヤのホイールへの装着は難易度の高い、困難と疲労を伴うものだと言われてきた。

その原因の1つが、タイヤとホイールに国際的な業界統一規格がなかったこと。しかし、現在はすでにその統一規格が策定され、すでにそれに準拠した製品が市場に出回っている。

→過去記事:【朗報】ようやくタイヤとリムの統一規格が策定でタイヤ交換が楽に?今まで何しとってん・・・・【ISO 5775改訂】

これまではタイヤの幅やホイールのリム幅なども、カタログ上の数値と実測値がメーカーごとにバラバラという現実があった。(まぁ今でもわりと違ったりするみたいやけど・・・)

そして今回のPirelliのこの新タイヤは両方ともが、EUのタイヤについての統一規格であるETRTO規格に基づき設計されている。よって、それなりにカタログ上のデータを信頼して、リムとの相性を考えられる。

また、チューブレスホイールについては最近はフックレス仕様が業界のトレンドである。最近発表されるチューブレス用カーボンホイールはフックレスが多い。

今回の新P ZERO™ Race TLRシリーズも、そういったフックレスリムに対応した設計となっている。

なおP ZERO™ Race TLRのサイズ展開と重量は、

700 x 24c, 245g

700 x 26c, 270g

700 x 28c, 291g (実測値)

700 x 30c, 320g



そしてP ZERO™ RACE TLR SLについては、

700 x 24c, 230g

700 x 26c, 246g (実測値)

700 x 28c, 275g


となっている。だいたいSLのほうが同じタイヤ幅だと15gほど軽いことになる。

価格と販売時期は、

・P ZERO™ Race TLR→$79.90(約8400円)
・P ZERO™ Race TLR SL→$84.90(約8940円)

ともに7/28から販売開始とのこと。

なお、レース用のP ZERO™ RACE TLR SLについてはTrek-Segafredoが使い始める(ひょっとしたらすでに使っている?)であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください