ロードレースとイギリス

アダム・イエーツがIneos移籍

Mitchelton-Scottのダブルエースの1人、アダム・イエーツ(Adam Yates)が、チームIneosへ移籍することが発表された。IneosのTwitterをどぞ。

悲しい移籍

双子であるサイモン・イエーツ(Simon Yates)とアダム・イエーツは2014年にワールドツアーチームのオリカ・グリーンエッジ(Orica Greenedge)と契約して以来、7年間ずっと二人いっしょにそのオーストラリアのチームで走ってきた。

しかし今回の移籍でついに二人は別々の道を歩むことになる。

今回の移籍はロードレースファンに大きな悲しみをもたらすものとなる。なぜならば、レース中に「どっちがアダムで、どっちがイエーツ」かをあてる楽しみがなくなるからである。

いままでもゼッケンを見ればわかっていたが、ゼッケンそのものが背中なので見えにくい。だからこそその遊びが可能だったわけだが、来年からはジャージが変わってしまうがゆえに、すぐに判別可能となってしまう。ファンの大きな楽しみが奪われることになった。

(´・ω・`)

なぜ移籍?

チーム公式ページ、British rider Adam Yates signs for the INEOS Grenadiersで、アダムは次のように移籍の動機、今後の目標を述べる。

“I’ve witnessed the rise of cycling in the UK during my career and I think this has been spurred on by success of British riders and this team. It is an exciting opportunity and one that I feel has come at the right time.

“It is an exciting opportunity and one that I feel has come at the right time.

“My results in week-long races and one day races have been really solid but I would like to take that consistency to Grand Tour racing with the INEOS Grenadiers and see where it takes me.”

動機としては、Sky/Ineosという母国のチームが大成功を収めてきたことを上げる。つまり母国のチームで走りたいと思ってたこと。今後の目標としてはこれまで通り、グランツールにこだわりたいと述べている。

4 thoughts on “アダム・イエーツがIneos移籍

  1. いや、どちらか片方しか出場してないステージレースで「実は2人で交互に走ってるんじゃないか?」疑惑を解明する楽しみが残されてますな
    3週間経っても走りの勢いが衰えない様子だったら本格調査に乗り出しましょう(^c^)/

    1. ファッ!?入れ替わるどころか、完全に別人やん!

      (ノ∀`)アチャー 

      「アダム」で選手名を辞書登録してるからうっかりそのままデちゃったブヒね。

      コメあざっっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください