G.V.アーヴェルマートとMitchelton-Scottが衝突!?

グレッグ・ファン・アーヴェルマート(Greg Van Avermaet:以下GVA)とMitchelton-Scottの監督Matt Whiteとの間で、GVAの名前の発音についてバトル勃発?

発端はMitchelton-Scottがつくった動画である。次のTwitterを見てほしい。

これは1976年から放送された人形(マペット)によるギャグ番組「マペット・ショー」を使って、GVAの名前の発音をギャグにした動画である。人形にあわせて毎回著名な歌手・俳優たちが出演するという番組である。たとえば、エルトン・ジョンなど。ちなみにこの人形を考案したのはあのセサミストリートのジム・ヘンソンである。

この人形たちは「Mahna Mahna」(マナマナ~:mana mana)と歌っているのがわかるだろうか?

この「マナマナ」という音が、「ファン・アーヴェルマート」という音と似ているのでこの動画が投稿された。え、似てない?

文字面だけ見てると全然違うんやけど、次のように意識して口ずさんで欲しい。

ファン・アーベルマート

ファナーベルマー

ファナールマー

ファナーマー

マナマナ~(幻聴)

(^o^)いっしょやん!

この動画に対して、チームCCCが公開したGVA本人による発音講座動画がこちら。

こちらも同じ人形キャラを使っての動画。トゥルルトゥットゥットゥールトゥルトゥ~♪

マナ~マナ~と聞こえ・・・聞こえ・・・聞こえるな!マナマナ~♪

あらためて本人からの発音を聞くと、「アーベルマート」の「ル(r)」がドイツ語圏(ベルギーやオランダなど)らしく、英語の ”r” よりもさらに深く巻く発音なので「ルル」という感じ。このドイツ語圏特有の巻き舌と、ドイツ語の「ch(”ハ”」の発音が、日本人にとって英語よりもはるかに難易度が高い。もちろん格変化も凶悪である。文法や発音なんてテキトーで良い英語はほんとうに楽ちんである。

今後、弊ブログは日本メディアに対してグレッグ・ファン・アーベルマートの名前表記を「マナマナ~」とするよう要請するッ!マナマナ~。

2 thoughts on “G.V.アーヴェルマートとMitchelton-Scottが衝突!?

  1. 忙しいのに、Mitchelton-Scottの監督は何を発信したかったの?
    良く分かりません。

    Jスポーツの実況に、サッシャが帰って来たー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください