プロはパンクしたタイヤを再利用するのか?

今回はちょっとした疑問をネタに。ずばり、プロチームはレース中にパンクしたタイヤを何らかの形で再利用するのかどうか?

情報源:Psssssst! What happens when a rider punctures in the Tour de France? …More than you might think

パンクしたタイヤの運命は?

現在開催中のツール・ド・フランスでもパンクは必然的に発生する。パンクが起こると、選手は手を上げてタイヤ・ホイール交換してくれとアピール。審判車などがその選手の名前を無線でチームカーに伝えて、チームカーが後方から車列を抜けて選手のそばへ急行し、そしてタイヤ・ホイール交換となる。

ただそれはレース中のことであり、レース後にそのパンクしたタイヤはどうなるのか?すぐに処分?それとも経費節減のためトレーニングなどで再利用?

そんなパンクしたタイヤの運命が、上記情報源記事で説明されている。

結論からいうと、すぐに廃棄される。再利用されることはない。ひょっとしたらチームによって違うかもしれないが。庶民からすると「あぁ~もったいない」と感じるが。

レース中にホイールごと交換されたパンクしたタイヤは、メカニックがホイールからタイヤを引き剥がし、タイヤはゴミ箱へ。ホイールは、特にチューブラーの場合は接着剤の状態を確かめ、それが有効な状態ならば新しいタイヤが装着され、接着剤がダメな状態になっていれば、接着剤をリムから剥がして新しく接着剤が塗布され、新タイヤ装着となる。

この作業はおもに休息日に大量のホイール・タイヤについてまとめてなされる。休息日でもお仕事はたくさんあるのである。

Amazon:Continental(コンチネンタル) グランプリ5000 チューブレス Grand Prix 5000 TL 700x25C FB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください