チームCCCはプロコンチームとして存続か?

メインスポンサーのCCC社のスポンサー撤退にともない、今年限りで消滅する予定のワールドツアチームのCCC Team。

沈みゆく船からの脱出といえば言葉は悪いが、エースのグレッグ・ファン・アーベルマート(Greg Van Avermaet)はAG2Rへの移籍を決めている。その他にも移籍先を決めている選手がいる。

そんなCCC Teamだが、マネージャーのJim Ochowiczはチーム存続を賭けて、現在も新スポンサー探しに奔走している。そして、チームを存続させるために、より予算が少なくて済むUCIプロチーム(カテゴリー名としてのUCI ProTeams:ワールドツアーチームよりも1つ格下)となる可能性も排除していないもよう。

情報源:Baas van Van Avermaet hoopt nog op nieuwe ploegsponsor (maar dan zonder de olympische kampioen en op lager niveau)

Jim Ochowiczは情報源記事で次のように述べている。

Maar ik voel me niet te beroerd om desnoods op een lager niveau opnieuw te beginnen



訳「ワールドツアーチームよりも下のレベルのチームとして再スタートを切るのもそれほど悪くないと思っている」

かつてJim Ochowiczは、アメリカのプロチームのセブンイレブン(7-Eleven)を結成し、そしてそのチームはモトローラ(Motorola)へ、さらにあのワールドツアーチームBMCへと発展させた経験を持っている。たとえ再び格下のチームとなってもそこからまたワールドツアーへ這い上がれるはずと考えているのだろう。

現在開催中のツール・ド・フランスは、昔から絶好の新スポンサーとの交渉の場でもある。

一時期は、Mitchelton-Scottの新スポンサーとなるはずだったマヌエラ・フンダシオン(Manuela Fundación)がCCC Teamに興味を示し、交渉中との情報も流れていたが、上記情報源記事でのJim Ochowiczのコメントを読む限りでは、その話もそしてまた別の新スポンサー探しもなかなか難しそうな印象である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください