Enter your email address below and subscribe to our newsletter

骨折のダン・マーティンが復活へ

ダン・マーティン、復活の気炎。第13ステージは序盤から逃げに乗る。

Share your love

顔はどこか抜けたような顔だが、ハートは熱い。そんな男が好きなみなさんに朗報。昨日のツール・ド・フランス第13ステージで、熱いアイルランド人、ダンマーことダン・マーティン(Dan Martin)が復活の兆しを見せてくれた。

ダン・マーティンはツールの直前、クリテリウムイ・ドーフィネ(Critérium du Dauphiné)で落車し、仙骨を骨折。当時はほとんど歩けないような状態だったらしい。

しかしそんな状態でもツール・ド・フランスに参戦。これまでは安全に、そして調子を見ながら走ってきたようだが、ついに昨日は大きな動きを見せた。なんとスタートしてしばらくの序盤でメイン集団から逃げ集団に飛び込んだ。

実際海外メディアでのインタビューを見ていると、ツール第1週目は精神的にもかなりつらい状態だったらしいが、そこから少しずつ回復していき、そして昨日においては骨折した箇所も全く気にならないような良好な状態だったらしい。だからこそ序盤から積極的に動けたとのこと。

ステージの結果としては優勝者から4分半の遅れで11位。本人は「選手としては結果に残念だが、自身の怪我からの回復は良好でホっとしていること、そして今後もステージ優勝を目指し頑張る」と述べている。

怪我は回復していても、心肺能力などその他の能力が100%なのかはまた別の話。

しかし、やはりこの男の攻撃がなければ山岳ステージの盛り上がりもどこか物足りない。また、ツール後も世界選手権や秋のワンデイレースなども控えている。リエージュでも2013年以来の優勝を狙ってほしいところ。

いよいよツールも最終週へと入っていく。超級山岳で果敢にアタックをするダンマーを見てみたい。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6619

One comment

  1. いいですねダン・マーティン!
    久々の勇姿が見れて嬉しかったですねぇ。来季はフルームがくるから、その前に良い成績を残してほしいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!