ツールでのJumbo-Vismaの謎ホイールはコリマ(Corima)か?第13ステージの場合

1つ前の記事では、チームイネオスが昨日使っていたホイールについて書いた。(→「昨日のイネオスのホイールについて。ツール組とティレーノ~アドリアティコ組」

そしてこの記事では、ライバルチームのJumbo-Vismaについて昨日の第13ステージで使っていたホイールを見てみようと思う。実はもうちょっと早く時期に書こうと思っていたネタだが、ちょうどいい画像がチームTwitterで出てきたので、これ幸いと思ってこのタイミングで記事にした。

まず次のTwitterを見てもらいたい。

こちらは昨日のレース前のJumbo-Vismaの画像である。特に1枚目の画像、ワウト・ファン・アールトのバイクに着目してほしい。そのバイクは後輪のホイールは明らかにシマノデュラエースである。しかし、前輪が謎である。

デュラエースならばそのロゴ「DURA ACE」の文字があるはず。しかしそれがなく真っ黒である。後輪にははっきりとそのロゴがあるのに。

名探偵コ〇〇「あれれーおかしいぞー」

そしてスポークの組み方にも注目してもらいたい。ファン・アールトの前輪のスポークは次のように組まれている。

↑Twitterより

画像中で、白い〇と黄色い〇をマークした。白い〇はスポークが2本交差している部分。一方で黄色い〇は平行になっている部分である。

現行のシマノデュラエースのリムブレーキ用フロントホイールはこのような組み方はしていない。もっとシンプルな組み方である。次の参考リンクからシマノ公式ページを見て欲しい。

参考:DURA-ACE C40 チューブラー フロントホイール

ではこのスポークの組み方に近いホイールはどのブランドなのか?

有名どころのブランドの製品でいうと、コリマ(Corima)の47mm S1 ロードホイールである。次の参考リンクでコリマ公式ページで、47mm”S1″ ロードのホイール画像を見てもらいたい。

参考:コリマ(Corima) 47mm”S1″ ロード

どうだろう。かなりスポークの組み方が似ているのではないだろうか。もちろん、世界中のホイールブランドを調べれば他にも似ているスポークの組み方のホイールは出てくるであろうが、とりあえずサクっとわかるものとしてはCorima 47mm”S1″ ロードというところか。

仮にそうだとして、なぜ両方ともコリマにしないで前輪だけコリマ、後輪がデュラエースなのだろうか。スポンサーであるシマノに対して負い目があるのだろうか。だとすれば、えらい中途半端な忖度である。もちろんガチのレースの現場でホイール選択にそんな忖度などあるはずもない(と思うが)ので、選手のフィーリングやデータでのメリットなどいろいろ理由はあるのだろう。

だが、可能性としては新型デュラエースのホイールの新製品というのもいちおうは考えられるが、さてどうだろう。

また以前はチームSunwebが使う謎のホイールについても書いた。また読んでおいてもらいたい。

2 thoughts on “ツールでのJumbo-Vismaの謎ホイールはコリマ(Corima)か?第13ステージの場合

  1. Jスポーツ見てると、サイクルフォトグラファーの辻啓さんが、時々、メカレポートもブチ込んでくれるのですが、昨日のレポートでは「Jumbo-Vismaのタイヤとホイールに何か塗ってある」とのこと。
    その物質は艶が有り、タイヤのサイドウォールからリムとの窪みを埋めるように塗ってあるそうだ。
    窪みを埋めたのは「空気抵抗の削減」、Ineosの「マージナルゲイン」と同じ考えのようです。
    サイドウォールは・・・忘れてしまった。
    すごい所まで拘っているんだな~と思ったが、そしたらウエアーのファスナーは開けるな!って、いつも思う。

    1. 一体何が塗られているのだろう・・・そういう専用品がどこかから売られてるのだろうか。
      それとも、そこらへんのホームセンターとかで手に入るような何かなのだろうか。パテじゃなさそう・・

      ( ゚д゚)ハッ! ジャージをはだける分の抵抗をその「何か」で相殺している!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください