EUで車にAIによる強制的速度管理システム搭載を義務付けか?2022年から導入を目指す動き

2022年からEUでは、自動車メーカーに対して強制的(機械的)に車の速度を抑えるシステムを搭載することが義務付けられるかもしれない。BBCがそう報道する。

BBC:Should your accelerator pedal curb your speeding?

EUが提案しているのは、昨今流行りの人工知能(AI)によって走行中の車の速度管理をすること。

具体的には、いったん一定の速度に達すればそれ以上どれだけアクセルを踏んでも加速しないようにするようAIが制御するというシステムである。

EUはこのシステムを2022年から車に搭載させたいもよう。

もちろん自動車メーカーとしては非常に困る。

制限速度を無視する馬鹿が多数いることの危険性や、間違ってアクセルを踏み過ぎてしまったがゆえに事故が発生するなことによる危険性などを考慮し、生命の守ろうとする趣旨には賛同せざるをえないが、だからといって加速できない車が売れるのだろうか不安である。

また新システム搭載にはコストもかかるため、新車価格が上がる可能性もある。

そこで自動車メーカーとして、強制的に速度を制御するシステムではなく、ダッシュボードに警告ランプを取り付けて注意を喚起する程度のシステムにしたいもよう。

(´・ω・`)そんなオモチャになんの意味があんねん。

当然、今後車メーカーのロビー活動や裏の活動(EU議員への働きかけ)も盛んになるであろう。よってこの制度の導入が決定するかは怪しいであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください