TTバーが折れた?第14ステージの奇妙な落車

昨夜のジロ・デ・イタリア第14ステージの個人タイムトライアルで、奇妙な落車が発生し、ライダーがフェンスに衝突、その後宙に放り出された。

一体何が起こったのか?次の動画を見て欲しい。

この選手はチームUAEのフアン・セバスティアン・モラノ(Juan Sebastian Molano)。ちょうど右コーナーへ入ったあたりですでにおかしな挙動になっているとわかる。

タイミング的には、コーナーに入る前に減速しつつ、右手をTTバーから普通のハンドルへ移したとき。

最初みたときはTTバーがぶっ壊れたのか?と思ったが、よく見るとTTバーそのものはずっとそこに存在しているように見える。

ならば単純にポジション変更のときにバランスを崩しただけ?おそらく、左手と右手を同時に通常のハンドルへ移していればこの落車はなかったと思われるがどうだろう。

なぜ落車したのか、その真相は現時点では不明である。本人の言葉を待つしかない。

なお、本人はレース後にX線検査を受けたが骨折はなし。第15ステージにも出場予定である。したがって、タイムアウトによる失格も免れている。

フェルナンド・ガビリア(Fernando Gaviria)独特のレース前アップの様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください