CCCのマレチュコがVini Zabù-Brado-KTMへ移籍

現在CCCのポーランド人(イタリアとの二重国籍持ち)スプリンター、ヤクブ・マレチュコ(Jakub Mareczko)が、UCI ProTeam(旧称プロコン)のVini Zabù-Brado-KTMに移籍することが発表された。

マレチュコもカレブ・ユアンほどではないが、それに近い小柄なスプリンターである。カヴェンディッシュより少し小さいぐらいか。169㎝で68㎏。日本人に夢を見させてくれる体格である。

今年はなんといってもブエルタの第4ステージで3位に入ったのが記憶に新しい。グランツールで初めての栄光を掴むにはあともう少し何かが足りない感じであるが、チポリーニやカヴェンディッシュのような最強スプリンターが全てを支配していたような時代とは違い、今はスプリンターも戦国時代。そんな混沌とした時代を生きる期待のスプリンターの1人でもある。

これまでマレチュコは、プロ通算43勝をあげてきたが、その大部分は中国・アジアでのレースによるものである。だが、イタリアのProTeamチームに移籍するだけに、おそらく来年はイタリアでのレースが主戦場となるはず。特にジロ・デ・イタリア出場権を得ることがチーム最大の最優先目標であろう。また、ストラーデ・ビアンケやモニュメントのミラノ~サンレモなどへも当然に出場したいところ。

なおVini Zabù-Brado-KTMは、これまで日本人選手として宮澤崇史や佐野淳哉も所属していたことがあるチームである。

https://bikenewsmag.com/2020/11/13/craft-active-extreme-cn-baselayer-is-discounted-by-61-percent/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください