Nippoがスポンサーの新チーム「Nippo-Provence-PTS Conti」が誕生。 織田聖も所属へ。

南アフリカのプロ選手で、かつてバルロワールドに所属しツール・ド・フランスでも活躍したロビー・ハンター(ロバート・ハンター) 。

引退後はチームEFの監督などをしていた。そんな彼の会社ProTouchGlobalが、新しいプロチームを創設。その名は、「Nippo-Provence-PTS Conti」。そう、日本企業Nippoがメインスポンサーとなっている。

新チームのインスタグラムをどうぞ。

この画像を見て、すぐ気づくだろうが、ワールドツアーチームEFやキャノンデール社もスポンサーの1つとして加わっている。

この新チームは名称のとおりコンチネンタルチームであるが、チームEFがスポンサーの1つであるため、おそらくは実質的にチームEFの育成チームとしての役割を果たすのだろう。

そして少し前からNippoがチームEFと関係を持っている(そのうちスポンサーになる?)と噂されていたが、その答え合わせの1つがこの新チームということになる。なおスイス国籍のチームとなる。

Nippo-Provence-PTS Contiには12人の選手が所属する。そこにはかつてカチューシャ・アルペシンで走っていた26歳のロシア人Matvey Mamykinや、日本人選手の織田聖も含まれる。他にはスイス人選手が4人、エチオピア人が2人、フランス人が2人、ノルウェー人が1人、ポーランド人が1人という構成。

  • Hagos Welay Berhe (エチオピア)
  • Jonathan Bögli (スイス)
  • Fabio Christen (スイス)
  • Jonathan Couanon (フランス)
  • Luca Jenni (スイス)
  • Iver Knotten (ノルウェー)
  • Kevin Kuhn (スイス)
  • Matvey Mamykin (ロシア)
  • Robin Meyer (フランス)
  • 織田聖(おだ ひじり) (日本)
  • Bazaye Redae Tesfu (エチオピア)
  • Szymon Tracz (ポーランド)

チームを率いるのは、Marcello Albasini。名前でピンときたであろう。そう、今年引退したミヒャエル・アルバジーニ(Michael Albasini)の父親である。

NippoとProvenceという2社は、別府史之らが所属するProTeamのNippo Delko One Provenceのスポンサーと同じであるが、来年度に向けたチーム名としてUCIに申請されているのは、「Delko One Provence」である。(参照:日本人選手らへ脅迫行為か?Nippo Delko One Provenceの疑惑について

ということは、Nippoだけが抜けて、Provenceは残るということか。

2 thoughts on “Nippoがスポンサーの新チーム「Nippo-Provence-PTS Conti」が誕生。 織田聖も所属へ。

  1. 織田聖くんって、弱虫ペダルサイクリングチームの!?
    先週の全日本シクロで近くに来てたよ。
    馬力がありそうだから、面白いね。

    ところで、他の日本人選手は契約できているのでしょうか?

    1. 新城は残留、中根はEF。
      ただ気になるのが岡などNippo Delko One Provenceの面々。
      別府はhttps://twitter.com/Fumybeppu/status/1334055593804492802で、問題なさそうなコメントしてるのでOKそうだけど、別府以外がどうなるかまだわからないブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください