バーレーンを辞めたロッド・エリングワースはイネオスへ

先日、バーレー・マクラーレンの幹部だったロッド・エリングワースが同チームをたった1年で去ることになると紹介した。エリングワースは元チームSky創設時のメンバーの1人でコーチをしていた人物である。

いきなり辞めて、「ひょっとしたら・・・」と思っていた人は多いと思うが、「あぁ、やっぱりね」という展開になるもよう。

情報源:Ellingworth returning to Ineos

そう、チームイネオス(元チームSky)へ復帰するようだ。

一体何がどうなってそんな展開になっているのかはまだ情報がない。ただ、考えられるのは、今年のツールで総合優勝という観点からは惨敗だったイネオスの再建を任せられたのはでないか、ということである。

なお、バーレー・マクラーレンは、エリングワースの退任にあわせて新しい監督を監督している。その人物は、元プロ選手で今年まではチームUAEでマネージメントを行っていたニール・スティーブンス(Neil Stephens)である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください