ファン・アールトがチームと契約を延長か

ワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)と彼の所属するユンボ・ヴィズマ(Jumbo-Visma)とは、今年いっぱいで契約が終了する。そんな中で、昨年末には「イネオスがワウト・ファン・アールト獲得競争に参戦か」で書いたように、イネオスがファン・アールト獲得に興味を示しているとの情報もある。

だがしかし、ユンボ・ヴィズマのメインスポンサーであり、スーパーマーケットチェーンのユンボ社CFO(Chief Financial Officer:最高財務責任者)が言うには、契約延長を話し合う交渉は現時点でとても良い感じだとのこと。

情報源:Jumbo claim Wout van Aert contract talks ‘look very good’

噂によると、ファン・アールト側は契約延長の条件として、1年につき300万ユーロ(3億8000万円)を求めているとかなんとか。言うまでもなく、この額はプロトンではかなりの高額である。しかし、昨年の大活躍や世界での知名度などを考えれば納得の金額でもある。そしておそらく、イネオスが獲得に動けばそれと同等、あるいはそれ以上を提示する可能性も十分あり得る。

スポンサーであるユンボ社も彼ほどの選手を手放すわけにはいかないであろう。コロナ禍で商売が厳しいと思っていたが、どうやらユンボ社は事情が違うらしい。

昨年のコロナ禍でもなんと15%の成長を遂げ、96億8000万ユーロ(約1兆2400億円)の売上高を記録。そして今年度はベルギーに新しい店舗を10店オープンするもよう。そこで、ベルギーのヒーローであるファン・アールトはぜひとも確保しておきたい。

ファン・アールト側も大怪我からの復活を支えてくれ、シクロクロスもやらせてくれているチームにはそれなりの恩義も感じているであろうし、交渉ではまずはお互いにジャブの応酬をまぜつつ妥協点を探していく感じとなるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください