ディスクブレーキ

フルームはリム?ディスク?どちらを使うかを明言

今年からイスラエルで走るクリス・フルーム。これまでのチームSky&イネオス時代はずっとリムブレーキのバイクに乗っていたが、今年からはディスクブレーキバイクである。

フルームが今乗るFactorのバイクのディスクブレーキについてどのような考えなのか?それは少し前に記事にした。そのときは今使っているディスクブレーキについての不満を述べていたが、一言で表現すれば、「まだ技術として未完成」という考えである。以下の過去記事をまた見ておいて欲しい。

では、シーズンイン直後はともかくとして今後もフルームはディスクブレーキバイクに乗り続けるのだろうか?それともリムブレーキバイクに変更するのだろうか?

情報源:Chris Froome confirms use of disc brakes in 2021 despite doubts of technology

情報源記事によれば、フルームは最近アップした動画で次のように述べたもよう。

“We do have the rim brake option available but that’s not an option we’re going to go with, we’re going to stick with disc brakes,”

訳「実際はリムブレーキバイクも使えるんやけどね、でもチームとしてはそれは無し。チームの方針としてディスクブレーキに乗り続けるで」

チームの方針なのでフルーム個人の好みでリムというわけにはいかない。これで少なくとも今年一年はグランツールでも全てディスクブレーキというのが確定的になったのではないか。

ただ「チームの方針として」なので、チームとスポンサーが話し合ってその方針が変更になれば当然リムもOKということになるだろうが。でもまぁないかな。どうやろ。今年のツール・ド・フランスの最終週になったときにフルームの優勝が見えてくれば、クイーンステージとなる山岳決戦で方針を急遽変更とかあるやろか。2022年モデルの新型フレームが登場すればワンチャン?

というわけで今年のフルームは、嫌々ながらもしぶしぶディスクブレーキを使い続けることになる。移籍交渉でもその種の話はあったはずやから、わかったうえで移籍しとるからね。ま、しゃーないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください