ロンド・ファン・フランデレンとパリ~ルーベ

ロンド(フランドル)が出場チームを発表。ワイルドカード枠は?

モニュメントの1つ、クラシックの王様とも言われるフランドルことロンド・ファン・フランデレン(Ronde van Vlaanderen)が今年の出場チームを発表した。次の公式ツイッターを見て欲しい。

ワイルドカード枠を書き出すと、

  • Alepcin-Fenix(ベルギー)
  • Arkéa-Samsic(フランス)
  • Bingoal Casino-Wallonie Bruxelles(ベルギー)
  • Sport Vlaanderen-Baloise(ベルギー)
  • B&B Hotels p/b KTM(フランス)
  • Total Direct Energie(フランス)

このように見事に、ベルギー:フランス=3:3というワイルドカード枠となった。

このうち、マチュー・ファン・デル・プール所属のAlpecin-Fenixとキンタナ所属のArkéa-Samsicは、それぞれ昨年のProTeamランキング1位と2位であるため、自動的に招待される権利を得ていた。

今年のロンドも先週の主催者の発表によれば、「ほぼ無観客」となる予定である。特にスタート地点、ゴール地点、石畳セクションは観客の立ち入りが禁止される予定だ。また、ロンドだけでなく、Gent-Wevelgem (3/28)、 Dwars door Vlaanderen (3/31)、Scheldeprijs (4/7)、そしてBrabantse Pijl (4/14)も、実質無観客となる予定。

昨年のハイライト動画はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください